ザ・ビューティフル・ガールズ (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ザ・ビューティフル・ガールズThe Beautiful Girls) は、オーストラリアシドニー出身のルーツ・ミュージックオルタナティブ・ロックバンドである。ちなみにバンド名は”ガールズ”だが、メンバーは全員男性である。

概要[編集]

地元オーストラリアではジャック・ジョンソンのツアー・サポートなどを経てブレイク。初期のメンバーは全員サーファーでもあった。

2004年、初来日。同年の朝霧JAMに出演。2005年にはフジロック・フェスティバルにも出演している。

また日本では以前、キユーピーハーフのCM曲に「THE WEIGHT OF THE WORLD」が使用されていた。

2008年に、ヴォーカルのマット・マクヒューはソロ・アルバムを発表している。2010年5月に、バンドとしては3年ぶりにアルバム「Spooks」をリリースした。

メンバー[編集]

  • Mat McHugh - vocal, guitar
  • Paulie B - bass
  • Bruce Braybrooke - drums

元メンバー[編集]

  • Mitchell Connelly - drums, percussion
  • Clay MacDonald - bass, vocals
  • Felipe Kimiecik - harmonica, melodica, piano

ディスコグラフィ[編集]

  • Morning Sun EP (2002年)
  • Goodtimes EP (2002年)
  • Learn Yourself (2003年)
  • Black Bird EP (2003年)
  • Water (2004年) ※日本限定リリースのベストアルバム。2006年に世界リリース。
  • The Weight Of The World EP (2004年)
  • We're Already Gone (2005年)
  • Ziggurats (2007年)
  • Spooks (2010年)

マット・ソロアルバム[編集]

  • Seperatista!(2008)

外部リンク[編集]