ザ・バード・アンド・ザ・ビー・サイズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
The Bird and The Bee Sides
The Nashville Tennis EP
リライアントKミニアルバム/カップリング曲
リリース アメリカ合衆国の旗2008年の7月1日
イギリスの旗2008年の7月1日
カナダの旗2008年の7月2日
ジャンル クリスチャン・ロック
ポップ・パンク
オルタナティブ・ミュージック
ピアノ・ロック
オルタナティブ・カントリー
レゲエ
時間 1:10:58
レーベル Gotee Records アメリカ合衆国の旗
プロデュース マルク・リー・タウンゼント
専門評論家によるレビュー
リライアントK 年表
Let it Snow Baby... Let it Reindeer
(2007)
The Bird and The Bee Sides
(2008)
テンプレートを表示

ザ・バード・アンド・ザ・ビー・サイズThe Bird and The Bee Sides)は、アメリカ合衆国のクリスチャン・ロックのバンドであるリライアントKによる2008年のアルバム。アメリカ合衆国では2008年の7月1日

Track listing[編集]

ザ・ナッシュビル・テニス EPThe Nashville Tennis EP
1. "Where Do I Go From Here"
2. "The Scene and Herd"
3. "At Least We Made It This Far"
4. "The Last, The Lost, The Least" (ジョン・ワーン)
5. "The Lining Is Silver"
6. "There Was No Thief"
7. "No Reaction" (イーサン・ラック)
8. "Curl Up and Die"
9. "You'll Always Be My Best Friend" (マット・フープス)
10. "There Was Another Time In My Life"
11. "Beaming"
12. "I Just Want You To Know"
13. "Bee Your Man" (ジョン・シュネック)

ザ・バード・アンド・ザ・ビー・サイズThe Bird and The Bee Sides
14. "Up and Up (Acoustic)" (収録曲のマスト・ハブ・ダン・サムシング・ライト)
15. "Wits All Been Done Before" (エンプロイー・オブ・ザ・マンス EP)
16. "The Vinyl Countdown" (ザ・ヴィニール・カウントダウン)
17. "For The Band" (エンプロイー・オブ・ザ・マンス EP)
18. "Nothing Without You" (ザ・ヴィニール・カウントダウン)
19. "A Penny Loafer Saved Is A Penny Loafer Earned" (エンプロイー・オブ・ザ・マンス EP)
20. "Five Iron Frenzy Is Either Dead Or Dying" (ザ・ヴィニール・カウントダウン)
21. "Five Iron Frenzy Is Either Dead Or Dying (Wannabe Ska Version)" (ザ・ヴィニール・カウントダウン)
22. "Who I Am Hates Who I've Been (Acoustic)" (収録曲のフー・アイ・アム・ヘイツ・フー・アイヴ・ビーン)
23. "Here I Go (Demo)"
24. "The Stenographer (Demo)"
25. "Jefferson Aeroplane (Demo)" (ザ・クリーピー EP)
26. "Hope For Every Fallen Man (Acoustic)" (収録曲のマスト・ハブ・ダン・サムシング・ライト)

脚注[編集]