ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド III

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド III
ジャンル ガンシューティングゲーム
対応機種 アーケード[AC]
Xbox
Wii
PlayStation 3[PS3]
開発元 ワウ エンターテイメント
発売元 セガ
人数 1 - 2人(同時プレイ)
発売日 [AC]2002年
[Xbox]2003年1月30日
[PC]2005年
[Wii]2008年3月19日
[PS3]2012年4月19日
対象年齢 [Wii(2&3 RETURN)]
CERO : D(17歳以上対象)
その他 Wii版はザ・ハウス・オブ・ザ・デッド 2とのカップリングTHE HOUSE OF THE DEAD 2&3 RETURNに収録
テンプレートを表示

ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド III』( ─ スリー、The House of the Dead III)は、2002年に発売された、セガのAM1研専用ソフト製作のアーケードガンシューティングゲームザ・ハウス・オブ・ザ・デッドシリーズの三作目である。開発はワウ エンターテイメント

ストーリー[編集]

前作から3年後の2003年。世界各国でイレギュラーな事態が多発し、その後世界は崩壊(それらの出来事は『HOD4』で語られることとなる)。秩序が意味を成さなくなった荒れた地と化してしまう。そして世界崩壊から16年後の2019年[1]。世界が崩壊し、ゾンビに埋め尽くされた地と化しても、人類は生き続けていた。
2019年10月[2]、世界崩壊の謎の答えが廃墟と化したEFI研究所にあると突き止めた元AMS工作員であるトーマス・ローガンは私設部隊の隊員と共にEFI研究所に向かうが、その後トーマス・ローガンからの連絡が突如途絶えてしまう。
それから2週間後の10月末日、トーマス・ローガンの娘であるリサ・ローガンとかつてトーマス・ローガンの相棒だった元AMS工作員のGはセミオートショットガンを武器にトーマス・ローガンとの連絡が途絶えたEFI研究所に向かった。彼を探し、世界に何が起きたかを知るために…。

システム[編集]

拳銃に代わり、ショットガンを採用。装弾数は今まで通り6発となっている。「近距離では範囲が狭くて威力が高く、遠距離では範囲が広くて威力が低い」という特徴があり(XBOX版攻略本より)、前作で不評だった判定の狭さは解決された。
しかし結局かなり連射せねばならず(ショットガンなのに6発全てを弱点に当てることを要求するボスも存在する)、リロードのポンプアクション、銃の大きさも含め、非常にプレイヤーの体力(ゲーム中の体力ではなく、プレイする人の体力)を消耗する。またポンプアクションに不備が出て、リロードできなくなるなどの不具合が生じた。隠しコマンドを入力すると二丁銃モード(リロードは自動)でプレイできるが、腕力のある者でなければ到底プレイに耐えられない。
移植版ではコントローラーが重いという点が改善され、『HOD2』と同様に画面外にコントローラーを向ける、もしくはリロードボタンを押すことでリロードするシステムに変更されている。移植版はアーケード版よりもリロード時間が長くなっているので、アーケード版では間に合う連射力でも間に合わないことが多い。
本作ではシステム面が大きく変化している。ルート分岐はステージ開始前にプレイヤーが選択する方式になり、ステージ道中におけるプレイヤーの行動によるルート分岐は無くなっている。
救出イベントは時折リサやGがゾンビに追い詰められている所を救出する形となっており、救出に成功するとアーケード版ではランダム、家庭用移植版では必ずライフが獲得できる。1Pプレイ時はプレイしていない方のキャラクターが、2Pプレイ時はどちらかランダムで、追い詰められている方は救出イベントの間は銃を撃てない。この時プレイヤーはリサやGを撃ってもペナルティーは無い。
各チャプタークリア時にはランク評価(E、D、C、B、A、S)が表示されるようになり、Aランク以上でクリアするとボーナスライフが与えられる。また最大ライフ所有可能数が前作までの5個から9個に増えている。
今作からボス戦では体力メーターの他にキャンセルゲージが表示されるようになり、どの程度撃てば攻撃をキャンセルできるかわかるようになった(『HOD1』、『HOD2』では弱点に一発当てればキャンセルできるボスが大半だった)。
Wii版では特定の条件を満たすことで「EXTREME MODE」というモードが登場する。このモードは、ショットガンの判定が前作までと同じになる(つまり狭くなる)がリロード速度は速くなり、「ガードアタック」という特殊アクションが可能になる。この「ガードアタック」は、敵の攻撃を完全に防御することができ、さらに至近距離の敵に大ダメージを与える。ただし発動後の隙も大きく、むやみに使うと倒しきれなかった敵から攻撃されてしまう。

キャラクター[編集]

トーマス・ローガン(Thomas Rogan)
Chapter 0での1P側の主人公で1998年のキュリアン邸事件(『HOD1』)の証人者。2019年時点で52歳。2003年の世界崩壊後(『HOD4』)、彼は16年にわたって世界崩壊の原因を調査していた。
彼はEFI研究所が世界の崩壊について鍵を握っているとのレポートを入手し、彼の部隊一個師団は万全の体制で臨んだつもりであったが、多くの隊員達は慣れない未知の生物との戦いに次々と命を落とし、唯一の生存者は、ダン・テイラー1人だけとなってしまう。
それでも、ダンと共に死闘の末目的の部屋にたどり着くが、その直後にダンがDeathによる強烈な一撃により死亡し、自身もDeathの襲撃に遭い、2週間消息不明になる。
だが、この時にその場にいたDr.キュリアンの息子であるダニエル・キュリアンによって一命を取り留め、後に娘のリサ・ローガンとかつての相棒であるGによって救出される。
ダン・テイラー(Dan Taylor)
Chapter 0での2P側の主人公。『HOD2』と『HOD4』の主人公ジェームズ・テイラーと姓が同じだが、関係は不明(甥ではないかと言われている)。
トーマス・ローガンのエリートコマンド集団の一員で、廃墟と化した研究所をローガンと調べていた。ゲーム序盤でコマンド集団ただ一人の生存者として登場する。
ローガンと共に目的の部屋にたどり着くが、直後にDeathの強烈な一撃を受け、死亡する。彼のみ他のコマンド集団と違ってゾンビ化していない。
他の隊員が被るキャップは黒色だが、彼の被るキャップだけ色が白で、緑のアンダーシャツを着用している。彼を含め、コマンド集団の隊員は右足のホルスターに入れたハンドガンを所持しているが、使用する場面はない。
ザ・ハウス・オブ・ザ・デッドシリーズ初のストーリー中に死亡するプレイヤーキャラクターでもある。
Agent "G"
Chapter 1からFinal Chapterのローガン発見までの2P側の主人公。1998年キュリアン邸事件のもう一人の証人者であり、2000年のゴールドマン事件の証人者でもある。本作ではリサと共にローガンを探しにEFI研究所に向かう。
以前は目的を解決するためならいかなる手段も許されると考えていたデジタル思考な人間だったが、キュリアン邸事件、ゴールドマン事件、2000年のリサの誕生、2003年の世界崩壊(『HOD4』)が彼の心に影響を及ぼした様で、度々リサがローガンに対する愚痴を発言した際に気にしているそぶりを見せている。
リサ・ローガン(Lisa Rogan)
Chapter 1以降の1P側の主人公で本作のヒロイン。トーマス・ローガンの娘である。2000年のゴールドマン事件(『HOD2』)当時に生まれ(1999年説もある[3])、2019年の時点で19歳。シリーズ初の女性主人公である。
普段母と一緒に過ごしたせいで、クールで活発な性格であり、エージェントとして名を馳せた父を嫌い、自分と父を比較されるのを嫌っている。父がいつも仕事で働いていた為、一緒にいた記憶があまりない。2週間も連絡がない父を不安に思い、父の元同僚のGに連絡を取る。EFI研究所での戦いで父を救出し、Dr.キュリアンの最後の意思である「Wheel of Fate」の破壊に成功する。母はソフィー・リチャーズ(『HOD1』に登場したトーマス・ローガンの恋人)。
DR. ロイ・キュリアン(DR. Roy Curien)
かつて名を馳せた科学者であり、アンデッドの創造者である。1998年に起こったキュリアン邸事件の数年前、彼がアンデッドの研究を始めたのは末期の難病に冒され、昏睡状態にある息子ダニエルを救うためであった。
彼の研究は生と死の研究にまで広がり、遂に人造遺伝子「Magician」と「Wheel of Fate」を完成させた。だが研究に没頭してしまったために、その代償として彼の精神を病んでしまう事となった。
そうした次に突然の解雇とダニエルの死が重なり、ついには人間不信に陥ってしまう。本人はキュリアン邸事件で「Magician」に殺害されるも、その研究は『HOD2』のカレッブ・ゴールドマンに引き継がれ、人類を破壊に至らしめるために進められる。
『HOD1』ではマッドサイエンティストとしての一面のみだったが、今作では「難病から救ってやりたい」と純粋に息子を想う父親としての一面が描かれている。
ダニエル・キュリアン(Daniel Curien)
Final Chapterの途中で離脱するAgent "G"の代わりに2P側の主人公となる。Dr.ロイ・キュリアンの息子であり末期の難病に冒されていた。『HOD1』の設定では既に死亡したと思われていたが、2019年現在彼の難病は回復した模様。
Deathの奇襲により危機に瀕していたローガンを救い、安全な場所に移して傷ついたローガンの看病をしていた。
リサ達と出会った後はリサと共闘しキュリアンでもある「Wheel of Fate」を破壊した。その後、今後の世界に何が起きようとも向き合う準備が出来た後リサと共に去ってゆく。彼ら自身が決め、歩む未来へと向かって…。
なお、プレイ内容次第では、エンディングでワクチンの副作用でゾンビ化する事もある。
謎の男(ミスティックマン)
この作品のエンディングの一つにミスティックマンが登場する。足を引きずっており、どうやら関節の病気を患っている模様。彼は最終対決が行われたフロアで一つの缶を拾う。
Dr.キュリアンの記憶によると、その缶にはアンデッドになるための遺伝子が入っている模様。
ソフィー・R・ローガン(Sophie R. Rogan)
『HOD1』に登場したトーマス・ローガンの恋人。前DBR研究所の科学者。現在はトーマス・ローガンの妻でリサ・ローガンの母。
ゲーム中では直接登場はしないが、リサの台詞で度々言及される。結婚前の名前はソフィー・リチャーズ(Sophie Richards)。

ボス[編集]

Dr.キュリアンが製作したが、キュリアンの死後もそのまま残ったもの。
Chapter2 混迷 〜Bewilderment〜、Chapter3 交錯 〜Sensory Chaos〜、Chapter4 突破 〜Ultimate Challenge〜はステージ開始前に「管理情報システム部東棟と管理情報システム部西棟」、「EFIゲノム研究室とD.B.R.研究室」、「L3バイオ実験室とL2のバイオプラント」の3つのフロアの中から選択することになるために、これらのボスと戦う順番は決まっていない。
なお、各フロアの内容はChapter1開始時のルート選択でENTRANCEルートPARKINGルートどちらかを選択するかによって変化する。
Death (Type 0011)
No.XIII
ヒューマノイド
Chapter1 追走 〜Chasing Shadows〜、「管理情報システム部東棟と管理情報システム部西棟」のボス。
EFI研究施設の警備員。ゾンビになる前から警備員として勤務していたが、警備の名の元に行き過ぎた暴力行為を繰り返していた。そのため、法的処分を受けたくない一心で、Dr.キュリアンの実験に協力した結果、非常に巨大な体躯を持つゾンビとなる。
頭蓋骨が埋め込まれた棍棒を振り回し、今日も外部の無断侵入者を排除している。弱点は頭。攻撃を1,2回キャンセルすると制帽が吹き飛ぶ。また顔に撃ち込むとだんだんと顔の皮膚が剥がれていく。非常に執念深く、Gからは「しつこさはローガン以上」と評されている。ちなみにザ・ハウス・オブ・ザ・デッドシリーズで初めて主人公を殺害したボスでもある。
Fool (Type 0028)
No.0
アニマル(哺乳類)
「EFIゲノム研究室とD.B.R.研究室」のボス。
Dr.キュリアンが遊び心で作った“怠けないナマケモノ”。
巨体だが動きは素早く、手足で引っ掻いたり、研究室内にある死体(Foolの餌になった研究員と思われる)を落としてくる。弱点は手首と足首だが精密に射撃しなければダメージが確定してしまう場面もある。他の部分を撃ってもわずかなダメージを与えることができる。
Sun (Type 8830)
No.XIX
プラントイド(オスケモ)
「L3バイオ実験室とL2のバイオプラント」のボス。
施設内で育てられていた巨大な植物人間であり、内部の侵入者を防ぐために開発された。
弱点は触手の先と中央の頭部(普段は花びらで保護されている)、そして幹についている無数の人面(捕食された研究員のものと思われる)。
また、バイオ研究施設の穴から時々Sunの触手が現れ、プレイヤーを襲うことがある。触手による攻撃のほか、無数のトゲが生えた種子を飛ばしリサ達に襲い掛かる。
Wheel of Fate (Type 0000)
No.X
アンドロイド/四天王
Chapter5 運命 〜Wheel of Fate〜のボス。
本作のラストボス。Dr.キュリアン自身であり、自身でない存在。Dr.キュリアンが作り出したプログラムだとされている。銀色の体に巨大なリングを回転させ、背中のリングから雷球を放つほか、リングを高速回転させ突進して攻撃してくる。前半部分でリングをルーレットにし、その時に撃つと止められる。止まった位置によって難易度が違う4種類の攻撃をする。容姿が前作のラストボスのEmperorに似ているのは、EmperorがWheel of Fateのプロトタイプだからである。Emperor同様、胸部のコアが弱点。キュリアンの息子・ダニエルによって管理されていた。戦闘時のBGMも前作のEmperor戦の曲をアレンジしたものになっている。

ゾンビ[編集]

本項では今作に登場するゾンビを紹介する。今作ではゲーム後半でお馴染みのサイボーグやミュータントのSF風ゾンビは登場しない。

マークシリーズ
もっとも多く作られた順応性の高いゾンビ。全ステージに登場。噛み付きで攻撃したり、頭がなくなっても体当たりをしてくることがある。
モーリス
身の丈ほどの長い柄がついた斧を持つゾンビ。Chapter 1のみ登場。
カゲオ
ミイラ状に水分を失った赤く光る目を持ったゾンビ。体力は少なく、動きも緩慢だが徒党を組んで出現する。
体は脆く、上半身だけの姿も確認されており(下半身が乾燥したために腐敗して崩れ落ちたものとされる)、上半身だけのものはカゲオJrと呼ぶ。家庭版ではカゲオの状態からカゲオJrにさせることも可能である。
エビタン
長時間液体の中に浸っていたために全身の腐敗が進み、ヘドロ状になったゾンビ。家庭版では体が上半身だけになってもプレイヤーに襲いかかることもある。
ジュリー
ビル内の従業員たちがゾンビ化したもの。引っ掻いて攻撃してくる。
ピーコ
忍者のような姿をした小型のゾンビ。両手のクナイが武器。飛び掛って斬りつけてくる。
コエビタン
エビタンの子。エビタンより前の成長段階で腐食が始まったゾンビ。3体1組で登場する。
ヒュウ
並外れたジャンプ力を持つ小型ゾンビ。動きはピーコに似ている。上空からや折れた蛍光灯などを武器に襲い掛かってくる。
アステカ
巨大な鉄骨を引きずりながら持ち歩くゾンビ。重い鉄骨のせいか、動きがやや緩慢である。
何も持っていないタイプは、強烈なラリアットやアッパーカットを喰らわせてくる(このタイプも動きが鈍い)。
チャールズ
標準的なゾンビの2倍はあろうかという巨漢ゾンビ。体力も高めで身体は分厚い脂肪に覆われており、腹に風穴が空いても生きていることが多い。ドラム缶を投げつけてくる者もいる。
フレデリック
EFI研究施設ビルの研究員がゾンビ化したもの。メスを遠方から投げたり、近付いて斬りつけてくる。青とオレンジの二種類が存在する。
アシッド
強い粘性を持った特殊な分泌液を体内から噴射するゾンビ。その影響なのか身体中の皮膚はただれ、肉は削ぎ落とされている。天井をヤモリのように進み、プレイヤーの頭上から引っ掻いて襲い掛かる。
アステカII
格闘型の大型ゾンビ。ラリアットやアッパーカットによる攻撃のほか、パソコンモニターなどを投げつけてくることもある。
ジャック
両手に斧を持つゾンビ。容姿は『HOD2』に登場したジョニーと『HOD4』に登場したジョニーIIに似ており、斧で上半身を防御しつつ斧で斬りかかる。「管理情報システム部東棟、管理情報システム部西棟」エリアのみ登場。
ケイン
植物との融合を試みたゾンビ。ムチ状に発達した両腕をしならせて攻撃してくる。このゾンビのみ、ムチ状の腕を破壊する事で特殊ボーナス点が入るようになっているが標準設定では腕の破壊は不可能である。「L3 バイオ実験室、L2 バイオプラント」エリアのみ登場。
ローガン隊隊員
トーマス・ローガンのエリートコマンド集団がゾンビ化したもの。ナイフで斬りつけてきたり、回し蹴りを浴びせてくる。
ユキオ
Chapter 0でマークに殺された隊員がChapter 5でゾンビとして登場する。立ち回りがとてつもなく俊敏。6回ダウンさせないと倒せない。
Wii版のみ6回もダウンさせる必要はないが、体力が他のゾンビと比べて非常に高くなっている。
レイモンド
サーキュラソーを武器に襲ってくるゾンビ。常に刃をヤスリに押し当てているのは研磨のためではなく、押し当てた時に発生する火花が気に入っているため。
バリー
両手に電流が流れるスタンガンの様な武器を持つ小型ゾンビ。サルのような奇声を発しながら襲ってくる。「管理情報システム部東棟、管理情報システム部西棟」エリアのみ登場。
モーキン
コンドル型ゾンビ。三羽セットで出現し、空をしばらく徘徊した後、一気に急降下して強靭な爪で引っ掻いてくる。
モゥラー
群れで生息するヘビ型ゾンビ。体をくねらせながら移動し、その異常に発達したアゴで獲物を噛みちぎる。「EFIゲノム研究室、D.B.R.研究室」エリアのみ登場。
デビロン
コウモリ型ゾンビ。集団でプレイヤーに襲い掛かる。「EFIゲノム研究室、D.B.R.研究室」エリアのみ登場。
プッチ
アブラムシ型ゾンビ。Sunに寄生して生命力を吸い取った生物で体長は15cm程度に達している。動物の生き血でさえも養分として吸収する。飛び掛ってきたときにはすばやく対処しないとダメージを受ける。「L3 バイオ実験室、L2 バイオプラント」エリアのみ登場。
サンサン
バイオ研究施設内で襲ってくるSunの触手、3本1組で登場する。バグで無敵状態になることがある。
ミートマン
マークシリーズに混じって登場するゾンビ。能力などもマークシリーズと同じ。
因みにHOD3ゾンビコスプレコンテスト(セガ・オブ・アメリカ主催)の優勝者のデザインがモデルとの事。

移植版[編集]

2003年1月30日Xbox版が発売された。なお、Xbox版は条件を満たすと前作である『2』をプレイ可能になる。
2008年3月19日にはWiiで『2』とのカップリング作品『THE HOUSE OF THE DEAD 2&3 RETURN』が発売された。ハード能力の都合上、一部の背景グラフィックが削除されている。
2012年4月19日にはPlayStation 3で単体のダウンロード作品として移植された。

派生作品[編集]

ザ・タイピング・オブ・ザ・デッド ゾンビ打2 THE TYPING OF THE DEAD II
『THE HOUSE OF THE DEAD III』をベースにした新作の「THE TYPING OF THE DEAD」。「ゾンビ打 タイピングラリアット THE TYPING OF THE DEAD」に体験版が収録されていた。また、タイピングラリアットと共に「Wパック」の名でセット販売も行われている。Windows版2008年3月6日発売。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ HOD3 公式サイト
  2. ^ ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド3パーフェクトガイドファミ通2003年
  3. ^ ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド3パーフェクトガイドファミ通2003年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]