ザ・トレメローズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トレメローズ
The Tremeloes
基本情報
出身地 イングランドの旗 イングランド エセックス州 ダゲナム
ジャンル ポップ・ロックビート・ミュージック
活動期間 1958年 -
レーベル イングランドの旗 イングランド デッカ・レコード
イングランドの旗 イングランド CBSレコード
イングランドの旗 イングランドエピック・レコード
公式サイト www.thetremeloes.co.uk

{{{Influences}}}

トレメローズThe Tremeloes)は、イギリスバンド1960年代初頭から1970年代までブリティッシュ・インヴェイジョンのバンドとして活躍した。デッカ・レコード時代は、ブライアン・プール&ザ・トレメローズと名乗っていた。アメリカビーチ・ボーイズフォー・シーズンズの様なコーラス・ワークで有名である。

来歴[編集]

デビュー前[編集]

イギリスエセックス州ダゲナムにて、ブライアン・プール(ボーカル)を中心に1958年結成。結成当初はトレミロズ[1](Tremillos)と名乗っていたが、新聞記者が間違えてトレメローズ(Tremeloes)と紹介し、そのまま後者の方をバンド名とした。主にバディ・ホリーの曲を演奏していた。

1962年1月1日ビートルズデッカ・レコードのオーディションを受けた。結果は、演奏力が優れていたのと、比較的ロンドンに近く連絡を取りやすかったトレメローズが選ばれた(しかし、後にビートルズが大成功を収めたため、トレメローズを取った当時の担当者は首を切られたという)。同年、デビューシングルを出すもヒットせず、約1年ヒットは出なかった。1963年ビートルズもカバーしていた「ツイスト・アンド・シャウト(Twist And Shout)」がイギリスのチャートで4位を記録、次のシングル「ドゥー・ユー・ラヴ・ミー(Do You Love Me、ザ・コントゥアーズの曲)」が1位を記録した。この他にも、「サムワン・サムワン(Someone Someone)」、「アイ・ウォント・キャンディ(I Want Candy)」等のヒットを連発した。しかし、1965年を境にヒットが出せなくなり、ブライアン・プールがソロ・シンガーとして離脱、トレメローズもデッカ・レコードを離れ、CBSレコードに移籍(ブライアン・プールもヒットを出せず、ビジネス界に転向)。

第二の黄金期[編集]

1966年アラン・ハワード(ベース)が辞め、後にルベッツのメンバーになるミック・クラークが加入し、アラン・ブレイクリー(リズム・ギター、ボーカル)、リック・ウェストウッド(リード・ギター、ボーカル)、デイヴ・マンデン(ドラムス、ボーカル)の4人で再出発。サイモン&ガーファンクルの「ブレスド(Blessed)」でデビュー。次のシングル、「グッド・デイ・サンシャイン(Good Day Sunshine)」のB面でミック・クラークが脱退、レン・”チップ”・ホークスが加入し、顔ぶれが一定する。

1967年キャット・スティーヴンスの「君と踊ろう(Here Comes My Baby)」がイギリスで4位を記録、そして次のシングル、フォー・シーズンズの「サイレンス・イズ・ゴールデン」が1位を記録。アメリカでも11位を記録し、デッカ・レコード時代よりも成功を収める。

1968年に発売されたボブ・ディラン作の「アイ・シャル・ビー・リリースド」にトレメローズは触発され、これ以降はブレイクリーとホークスが作曲コンビを作り、自作曲を多数作る。

他にも、「福と禍(Even The Bad Times Are Good)」「君だけの世界(Be Mine)」「虹の立つ丘(Suddenly You Love Me)」「マイ・リトル・レディ(My Little Lady)」「ぼくはナンバーワン(Call Me Number One)」といったヒットを1971年頃まで連発する。

ヒット後[編集]

1971年に出した「ライト・ウィール・レフト・ハンマー・シャム(Right Wheel, Left Hammer, Sham!)」を境に本国イギリスでヒットが出せなくなった。ドイツ等ではヒットを出したが、これを皮切りに、メンバーの入れ替わりが顕著になる。まずウェストウッドが抜け、ボブ・ベンハム(Bob Benham)が加入する。続いてブレイクリー、ホークスといった主要メンバーが抜け、アーロン・ウーリー(Aaron Wooley)が加入、ウェストウッドが戻って来る。メンバー入れ替えが激しい中でも、マンデンは残った。1983年、10年ぶりにブレイクリー、ウェストウッド、マンデン、ホークスの4人が戻り、F.R.デイヴィッドの「ワーズ(Words)」で小ヒットを出す。

1980年代後半、ホークスの息子チェズニー・ホークスの歌手デビューに伴い、ホークスはプロデューサーに転向のため脱退。デイヴ・フライヤー(ベース、ボーカル)、ジョー・ギリンガム(キーボード、ボーカル)が加入、活動を続ける。

1996年、ブレイクリーが癌のため54歳で他界。

現在[編集]

ブレイクリー亡き後も、4人体制で活動を続ける。プールも1980年代に音楽活動を再開し、時折トレメローズと一緒にツアーもする。ホークスも歌手活動を再開し、プール同様、トレメローズと時折行動を共にする。2005年、フライヤーが脱退、ジェフ・ブラウンが加入。2012年後半、ウェストウッドが引退。新メンバーに、エディ・ジョーンズ(Eddie Jones)が加入。

エピソード[編集]

イエロー・リバーとクリスティ[編集]

1970年に世界的に大ヒットした「イエロー・リバー」を最初に録音したのは、トレメローズである。

作者のジェフ・クリスティがトレメローズに提供し、シングル発売も予定されていたが、直前になってトレメローズが「イエロー・リバー」に替わって自作曲の「バイ・ザ・ウェイ」をシングル発売する事を決定してしまったため、作者のクリスティ自身がバンドを組んでシングル発売する事になった。そうして生まれたバンドが、クリスティである。

クリスティのヴァージョンがシングル発売されたが、演奏とバック・ボーカルは、トレメローズが録音した時のヴァージョンで、リード・ボーカルのみジェフ・クリスティに変えられている。

クリスティのメンバーの一人に、ブレイクリーの弟のマイク・ブレイクリーがいる。

メイ・モーニング[編集]

トレメローズは、ジェーン・バーキン主演の映画、『メイ・モーニング』の音楽を手掛けている。全曲「ブレイクリー=ホークス」とクレジットされているが、この映画はお蔵入りとなってしまった。そのため、この映画のサウンドトラックは2000年に陽の目を見る事になるのである。

シングル・ディスコグラフィー[編集]

デッカ・レコード[編集]

発売年 A面 B面 全英シングルチャート

[2]

1962年 Twist Little Sister Lost Love -
1962年 That Ain't Right Blue -
1963年 A Very Good Year For Girls Meet Me Where We Used To Meet -
1963年 Keep On Dancing Run Back Home -
1963年 Twist And Shout We Know 4位
1963年 Do You Love Me Why Can't You Love Me 1位
1963年 I Can Dance Are You Loving Me At All 31位
1964年 Candy Man I Wish I Could Dance 6位
1964年 Someone, Someone Till The End Of Time 2位
1964年 Twelve Steps Of Love Don't Cry 32位
1964年 The Three Bells Tell Me How You Care 17位
1965年 After A While You Know -
1965年 I Want Candy Love Me, Baby 25位
1965年 Good Lovin' Could It Be Me -
1966年 Blessed The Right Time -

CBSレコード[編集]

発売年 A面 B面 全英シングルチャート

[3]

1966年 Good Day, Sunshine What A State I'm In -
1967年 Here Comes My Baby Gentleman Of Pleasure 4位
1967年 Silence Is Golden Let Your Hair Hang Down 1位
1967年 Even The Bad Times Are Good Jenny's Alright 4位
1967年 Be Mine Suddenly Winter 39位
1968年 Suddenly You Love Me As You Are 6位
1968年 Helule, Helule Girl From Nowhere 14位
1968年 My Little Lady All The World To Me 6位
1968年 I Shall Be Released I Miss My Baby 29位
1969年 Hello, World Up, Down, All Around 14位
1969年 Once On A Sunday Morning Fa La La, La La, La Le -
1969年 Call Me Number One Instant Whip 2位
1970年 By The Way Breakheart Motel 35位
1970年 Me And My Life Try Me 4位
1971年 Right Wheel, Left Hammer, Sham Take It Easy -
1971年 Hello, Buddy My Woman 32位
1971年 Too Late To Be Saved If You Ever -
1972年 I Like It That Way Wakamaker -
1978年 Ging Gang Goolie Lonely Robot -
1980年 Lights Of Port Royal Silas -
1983年 Words I will Return 91位

1972年CBSレコード離脱以降[編集]

発売年 レーベル

[4]

A面 B面
1973年 エピック・レコード Ride On Hands Off
1973年 エピック・レコード Make It, Break It Movin' On
1973年 エピック・レコード You Can't Touch Sue Story For The Boys
1974年 エピック・レコード Do I Love You Witchcraft
1974年 Lark Say O.K. Pinky
1974年 DJM Good Time Band Hard Woman
1975年 Bellaphon Someone, Someone My Friend Delaney
1975年 DJM Be Boppin' Boogie Ascot Cowboys
1978年 CNR Lonely Nights Groover
1981年 ポリドール・レコード Tremelodies I Let My Best Friend Down
1983年 BR Music Someone, Someone You Can Get It
1987年 Topflite Angel Of The Morning Am I Dreaming
1988年 Qualitel Lean On Me, Baby My Little Lady
1993年 Ladyland Farewell And Goodbye Rising Sun

アルバム・ディスコグラフィー[編集]

ブライアン・プール・アンド・ザ・トレメローズ[編集]

  • 1963年 - Big Hits Of '62
  • 1963年 - Twist And Shout
  • 1965年 - It's About Time

ザ・トレメローズ[編集]

  • 1967年 - Here Come The Tremeloes
  • 1967年 - Chip, Dave, Alan and Rick
  • 1967年 - Keep On Comin' On
  • 1968年 - Suddenly You Love Me
  • 1968年 - 1958-1968 World Explosion
  • 1968年 - My Little Lady
  • 1969年 - Live In Cabaret
  • 1970年 - Master
  • 1973年 - Reach Out For The Tremeloes
  • 1974年 - Shiner
  • 1974年 - Don't Let The Music Die
  • 1983年 - As It Happened

メンバー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「トレミロ」という名前も、ギター奏法の一種トレモロの間違いつづりである。
  2. ^ http://www.45-rpm.org.uk/dirb/brianp.htm
  3. ^ 2000年オランダBR Music発売より発売された4枚組CDボックス、The Tremeloes 102 tracks 4CD BOXED!(BOX 1011•2)のブックレット内のディスコグラフィーより。
  4. ^ 2000年オランダBR Music発売より発売された4枚組CDボックス、The Tremeloes 102 tracks 4CD BOXED!(BOX 1011•2)のブックレット内のディスコグラフィーより。

参考文献[編集]

  • サイレンス・イズ・ゴールデン / トレメローズ・ベスト・ヒッツ・コレクション TECP-25598 より
  • The Tremeloes 102 tracks 4CD BOXED! BOX 1011•2 より

関連項目[編集]