ザ・ダイバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザ・ダイバー
Men of Honor
監督 ジョージ・ティルマン・ジュニア
脚本 スコット・マーシャル・スミス
製作 ケヴィン・フェイグ
製作総指揮 ビル・コスビー
スタンリー・ロバートソン
出演者 ロバート・デ・ニーロ
キューバ・グッディング・ジュニア
音楽 マーク・アイシャム
撮影 アンソニー・B・リッチモンド
編集 ジョン・カーター
配給 アメリカ合衆国の旗 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 2000年11月10日
日本の旗 2001年5月26日
上映時間 129分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $32,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $48,818,921[1]
世界の旗 $82,343,495[1]
テンプレートを表示

ザ・ダイバー』(原題: Men of Honor)は、2000年に公開されたアメリカ映画

概要[編集]

アメリカ海軍史上、アフリカ系黒人として初めて「マスターダイバー」の称号を得た潜水士である、実在の人物「カール・ブラシア」(en:Carl Brashear1931年-2006年)の半生を周囲の人物との友情とともに描く。

あらすじ[編集]

第二次世界大戦終結後の1940年代末期、海軍に志願し入隊したカールは泳ぎのうまさを見込まれ、当時の黒人海兵としては異例の甲板兵に抜擢される。

そんな中、カールの乗った艦艇に着陸しようとしたヘリコプターが海に墜落する事故が発生し、潜水士のビリーらが乗組員の救出に乗り出すがその途中のアクシデントでビリーはにダメージを受けてしまい、一命は取り留めたものの、潜水士としてのキャリアは断たれてしまう。

この救出劇に感動を覚えたカールは潜水士を目指すようになるが、当時は白人兵しか養成所への入所が認められていなかった。そこで彼は2年かけて100通にも及ぶ嘆願書を提出した。その情熱が上官に認められ、彼は黒人として初めてニュージャージー州にある潜水士養成所への入所が認められた。その養成所の教官として赴任していたビリーはカールたち候補生に猛特訓を課す。

キャスト[編集]

実在のカール・ブラシア(中央)とブラシア役のキューバ・グッディング・ジュニア(左)(2000年撮影)
役名 俳優 日本語吹替
ビリー・サンデー ロバート・デ・ニーロ 津嘉山正種
カール・ブラシア キューバ・グッディング・ジュニア 小山力也
グウェン・サンデー シャーリーズ・セロン 雨蘭咲木子
ジョー・ブラッシャー アーンジャニュー・エリス 佐々木優子
ミスター・パピー ハル・ホルブルック 藤本譲
スノーヒル マイケル・ラパポート 落合弘治
プルマン大佐 パワーズ・ブース 有本欽隆
ハーティガン大佐 デヴィッド・キース
アイザート ジョシュア・レナード
ハンクス大佐 デヴィッド・コンラッド 家中宏
フロイド曹長 グリン・ターマン 中博史
ローク ホルト・マッキャラニー 楠大典

出典[編集]

  1. ^ a b c Men of Honor (2000)” (英語). Box Office Mojo. 2012年3月29日閲覧。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]