ザ・ゴールデン・ジュビリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ザ・ゴールデン・ジュビリー(The Golden Jubilee Diamond)は世界最大の研磨済みダイヤモンド。545.67カラット(109.13g) の重量がある。原石は南アフリカ産出で755カラット(151g)あり、ユダヤ人宝石研磨師ガブリエル・トルコフスキーによってカットされた。色はオレンジがかった濃いブラウンでカラーグレードはファンシーイエローブラウン。カットはファイアーローズクッションカットと呼ばれる。タイ国王のラーマ9世が所有している。

産出からカットまで[編集]

原石は1985年デビアス社の持つ南アフリカのプレミア鉱山で産出した。プレミア鉱山ではほかにカリナンテーラー・バートンセンティナリー・ダイヤモンドなど有名なダイヤモンドを産出している。しかし、ゴールデン・ジュビリーの原石の「名もない褐色の石」は濃い色を持っていたため、醜いアヒルの子のように扱われていた。

デビアス社はセンティナリー・ダイヤモンドのカットを依頼していたギャビ・トルコフスキーにこの石を提供した。それは、センティナリー・ダイヤモンドのために、ギャビ・トルコフスキーが考案した新しいカッティングのための工具と技術の試験用とするためであった。それらの技術はこれまで試されたことがなく、この石が失敗しても失うものがないということで実験台として最適であると考えられたためであった。

カットとその後[編集]

カットは1988年までに行われ、「名も無い褐色の石」からそれまで世界最大だったカリナンIよりも15.37カラット(3.07g)も重いファンシーイエローブラウンの美しいダイヤモンドが得られたことが驚かれた。そして名の無いファンシーカラーの大きなダイヤモンドはセンティナリー・ダイヤモンドと共にデビアス社によって紹介されることで、次第に世に知られるようになった。2012年に貸出もされている

ゴールデン・ジュビリーはその後、1997年タイ国王のラーマ9世の治世50周年を記念して、タイ王室に献上された。(50周年を英語でゴールデン・ジュビリーという)。

タイでの認知[編集]

タイ政府は、ゴールデン・ジュビリーを「大きな金色のトパーズをうけとった」と報道しており、タイ国内ではこれがダイヤモンドであるとはあまり知られていない。この原因は、数年前の経済危機から、国王がこのような大きなダイヤモンドを受け取ることは、政府の評価低下につながることを恐れたため、と考えられている[要出典]