ザ・ガーデン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザ・ガーデン
The Garden
監督 デレク・ジャーマン
脚本 デレク・ジャーマン
製作 ジェームズ・マッケイ
製作総指揮 アラン・フォンテン
浅井隆
ダグモア・ベンケ
出演者 ティルダ・スウィントン
ロジャー・クック
マイケル・ガフ
音楽 サイモン・フィッシャー・ターナー
撮影 クリストファー・ヒューズ
編集 ピーター・カートライト
製作会社 チャンネル4=ブリティッシュ・スクリーン=創美企画=スペースシャワー=ZDF [1]
配給 日本の旗 アップリンク
公開 日本の旗 1990年9月7日
イギリスの旗 1991年1月4日
製作国 イギリスの旗 イギリス
ドイツの旗 西ドイツ
言語 英語
テンプレートを表示

ザ・ガーデン』(The Garden )は1990年公開のデレク・ジャーマンの映画。同性愛キリスト教との関係を主題に据えている。チャンネル4ブリティッシュ・スクリーン及びZDFと共同したバジリスク・コミュニケイションズに努めているジェームズ・マッケイがプロデュースした。

概要[編集]

「庭」はエデンの園と比較されているとされる。HIV陽性のジャーマンがこの映画を作成していた時に彼はエイズによる死に直面していた。逮捕されて厳しく恥をかかされて、苦しめられて殺された外見上は無罪な同性愛カップルに同情的に描かれている。なお、この映画が作られる時にイギリスではセクション28という法律が制定されようとしており、ジャーマンは積極的に反対する姿勢を示した。サイモン・フィッシャー・ターナーによってサウンドトラックが作られ、デレク・ブラウンがデザインを手掛けた。

出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ キネマ旬報データベース2011年9月10日閲覧。

外部リンク[編集]