ザ・ガマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ザ・ガマン』(The Gaman)は、1980年頃から1980年代半ばに掛けて放映されたフジテレビバラエティ番組

概要[編集]

主に『火曜ワイドスペシャル』の番組枠で放送された。火曜ワイドスペシャルでの放送時はキネマ東京との共同制作で、復活版はスタープロジェクトとの共同制作。スタジオの司会はメインが土居まさる、サブが松岡きっこ

毎回、「東京六大学の学生」という触れ込みの青年男子が“各大学代表”として数十名ほど参加し、国内または海外にいくつか設けられたチェックポイントで行われる数々の試練にひたすら度胸試しと我慢を繰り広げさせ、精神・肉体両面の疲弊を極限まで積み重ねさせる。その結果として下位の者から脱落していき、最終的に最も忍耐強い者を決定する。

予選は国内で行われ、本選は、東南アジア、ヨーロッパ、アメリカと各回ごとに異なるコースをたどり、1回戦ごとに違う都市で行われた。

番組開始当初は六大学対抗の形式であったが、その後個人戦の形態に変更されるなど度々変化があった。また、派生の番組企画として同様に「女子大生限定」という触れ込みの『ザ・ギャルズ・ガマン大会』も制作された。

チェックポイントでの試練はどれも下品かつ過激な内容であったため、低俗番組のレッテルを貼られる存在であった。その一方で人気も非常に高く、シリーズ化されて年2-3回のペースで放映された。だが、回を重ねると共に番組内容がエスカレートし「試練」の内容も過激化の一途を辿る。その結果、1984年2月、箱根小涌園での『ザ・ギャルズ・ガマン大会』の撮影中に参加者に熱傷を負わせる事故を起こした事に代表される様に、その性質上、番組収録と参加者に大小様々なアクシデント・事故がつきまとい、1986年頃にシリーズは事実上の打ち切り終了となった。

その後、1995年に一度復活。1997年12月30日、当時の担当プロデューサーがフジテレビを退社することを機にもう一度だけ復活した。なお、この時のスタジオの総合司会は土居ではなく、過去作品では現場リポーター役であった三笑亭夢之助が担当した。

試練の基本パターン[編集]

行われる試練はいくつかの基本パターンに、チェックポイントの場所にちなんだ独自色をプラスして作られていた(ただし、無理矢理こじつけられた内容も多かった)。また身体に苦痛を伴う試練とともに、度胸試し的な試練も数多く企画された。

  • ゲテモノ食い(飲み)
    • 決められた量の食事(ゲテモノ)を早く食べさせる。
    • ゲテモノ食いによって時間内にできるだけ体重を増やす。
    • 青汁タバスコ等を休まず一息に飲ませる。その際山葵が鼻に乗せられることもある。
  • 灼熱地獄
    • 炎天下、燃え盛る焚き火の近くで毛布に包まれ、ひたすら暑さに耐える。
    • 全身にガソリン(実際は水)をかけ、いくつもの燃え盛る火の輪の中をくぐらさせる。
  • 尻叩き
    • 尻に強度のアルコールを吹きかけつつ、尻を叩く。
    • 縦に吊られたコンクリート等の円柱につかまらせ、それを一定の高さまで引き上げて地面に落下させて尻を打つ。さらに落下地点に尖った石を集めたりもする。
    • 粗い芝生や草むらで体育座りにさせ、その体勢のまま動物(ゾウ等)に引っ張らせて尻を引きずりまわす。
  • 動物・昆虫
    • 人の顔程度のアクリルの筒を用意、一方に額に肉片を取り付けた出場者の顔を密着させ、反対側からは爬虫類(ワニイグアナ等)を入れて挑戦者に接近させる。
    • 動物(ヤギ等)を多数用意、身動きできない状態の出場者の体にその餌を大量に付着させ、餌をついばませる。
    • 逆さ吊りにした状態で体の周りを大きな袋で包み、その中にゴキブリなどを入れる。
  • 水責め
    • 人間水車に貼り付ける。
  • 放尿我慢
    • 冷たい水などを大量に飲ませて放尿を我慢させる。
  • 断食・断水(決勝)
    • 決勝戦まで残った数名が、灼熱下などの苛酷な環境で1人を残して全員ギブアップするまで断食・断水を続けるという内容。放送開始当初は断食だけだったが、より苛酷さを増すためシリーズ途中からは加えて断水も行うようになった。その試練の極限の内容と収録が数日に及び昼夜ぶっ通しで行われる状況から、そこまでの下品で馬鹿馬鹿しい内容から一変、笑いを通り越して悲壮感漂う映像となる。
    • 途中、リポーターが出場者の目の前でうまそうに飲食をする悪魔の様な誘惑を行い、これを目の当たりにして参加者が苦しむのが定番の演出となっており、この誘惑に負け脱落する者が多かった。
    • 灼熱時には特設プール、極寒時には特設風呂を作り、水着美女が「一緒に入ろうよ~」と誘惑した時もあり、この誘惑に負け脱落した者もいる。

主な司会者[編集]

スタジオ司会[編集]

コーナー司会[編集]

ナレーション[編集]

世界各国における放送[編集]

世界各国においても、オーストラリア人のテレビ評論家クライブ・ジェームズの"Clive James on television"(クライブ・ジェームズがテレビを語る)という、世界の珍しいテレビ番組を紹介する番組で日本の代表として紹介され、英国などで"Endurance"(我慢・忍耐力)として日本の有名なテレビ番組として認識されている。ジェームズは番組の可笑しさを誇張するため、本来の内容である「大学生の我慢大会」という説明を一切入れずに過激なシーンだけを紹介したため、日本のテレビ番組を笑いものにすることに対して、日本人からジェームズが批判されたこともあった。その後、ジェームズが発表した"Brrm! Brrm!"という小説(「アキラ・スズキ」という日本人の主人公が登場する)の中でも、スズキが「エンヂューランス」という言葉でイギリス人にからかわれる場面がある。

また、出場者がコウモリの格好をして逆さづりされるといった、この番組をパロディー化したCMも放送されるなど、欧米では最も有名な日本のテレビ番組の一つとなっている。

主な類似番組[編集]

その人気の高さから、全盛期を中心に他局でも類似企画が制作・放送されている。

  • ザ・しごき』(日本テレビ
    『ザ・ガマン』の女子大生版ともいえる番組。
    痛さを耐えるような試練はあまりなく、その替わりに気持ち悪さ・気味悪さを耐えさせる試練が目立った。中でも、ビキニ姿の出場者の全身にブタの餌を塗りつけ、大の字に張り付けられた上で大量の子ブタにそれを舐めさせる「豚ナメナメしごき」は有名。
  • 『ザ・ショックきもだめし』(テレビ朝日
    男女混合チームによる対抗戦。タイトル通り、男女とも度胸試し的なゲームがほとんど。
  • 『根生日本一』(テレビ東京)
    1990年代前半に『日曜ビッグスペシャル』枠で放映。
    本質的には『ザ・ガマン』の焼き直しといった趣が強い番組であったが、精神力や耐久力に限定せず、早食い競争や米俵を曳いての障害物競走など体力勝負の種目もあったことが特徴。

また、後年のバラエティ番組で、1980年代のこれら番組を再現した様な度胸試しや「我慢」の企画が制作され芸人が行うことが度々見られ[1]、むしろ現在ではこの様な企画はリアクション芸ヨゴレなどの身体を張った芸を行うお笑い芸人の領分になっている。

同様にテレビアニメ[2]などでもこの種の番組をパロディにしたシチュエーションが設定されることがある。

その他のエピソード[編集]

東大生や慶大生の参加者が慢性的に不足しており、特に東大生の確保難は番組制作陣に常に悩みの種として付いて回った。東大キャンパスでもで募集したものの、予選参加者が少なく、法政大学、明治大学の学生を東大枠に入れて、各大学ほぼ同数の参加者による予選としていた。そのため、収録に参加している“大学生”の素性についても様々な疑念が度々囁かれていた。とりわけ、1985年の放送では東大生をどうしても必要数確保できず、体裁を取り繕うために定員枠オーバーの状況にあった明大生や法大生の参加希望者の一部を“東大生”に仕立てて番組収録を行っていたというエピソードがある。いわゆるインチキ東大生と呼ばれる存在である。このインチキ東大生はディレクターから「最初に脱落するように」と指示を受けていたものの、「そこまでインチキするのは男のプライドが許さない」と辛抱してしまい、このインチキ東大生が東大チームとして勝ち残っていったという話もある。

脚注[編集]

  1. ^ 典型的なものは『ビートたけしのお笑いウルトラクイズ』である。例えばワニクイズは、爬虫類を使った度胸試しやアクリルの筒を使っている点など、幾つかの共通項が見られる。
  2. ^ パロディの一例としては『ネギま!?』第16話で、爬虫類の様な動物を入れた筒に登場人物が首を突っ込んで度胸試しを行う、『ザ・ガマン』と『お笑いウルトラクイズ』を折衷した様な内容のシーンがある。また本家本元のフジテレビでも、『チックンタックン』最終回「ワルチン・ザ・ガマン」で、チックンやDr.ベル達が「ワルチン大事典」争奪を賭けて、ワルチンが仕掛けたガマン大会を行うというのが有る(結果はチックンが勝ってワルチンを取り戻すも、ベルに再び奪われ、さらにワルチンは眠りについたというWオチ)。

関連項目[編集]