ザルメイ・ハリルザド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザルメイ・ハリルザド
Zalmay Khalilzad
Zalmay Khalizad - World Economic Forum Annual Meeting Davos 2008-cropped.jpg
生年月日 1951年3月22日(63歳)
出生地 アフガニスタンの旗 アフガニスタンマザーリシャリーフ
出身校 ベイルート・アメリカン大学
シカゴ大学
所属政党 共和党

任期 2007年4月17日 - 2009年1月20日

任期 2005年 - 2007年3月26日

任期 2003年 - 2005年
テンプレートを表示

ザルメイ・ハリルザドZalmay Khalilzad、زلمی خلیلزاد、Zalmay Khalīlzād、1951年3月22日 - )は、アメリカ合衆国官僚外交官政治家

来歴[編集]

アフガニスタン生まれ。マザーリシャリーフ市出身。父はハリルッラー(パシュトゥーン人)、母はタジク人。1968年、ガジ貴族学校を卒業し、レバノンのベイルート・アメリカン大学でBAとMA取得後、1979年、シカゴ大学で政治学博士号取得。1979年から1989年までコロンビア大学国際行政大学院で助教授を務めた。

1982年、戦争と平和研究所、対外政策会議、ニューヨーク市、国防大学、戦略研究所の科学職員となる。1985年、アメリカ合衆国国務省に入省し、政治問題担当国務次官特別顧問となり、イラン・イラク戦争ソ連軍のアフガン侵攻を担当した。1980年代中盤、ソ連軍に対するムジャーヒディーンの行動を調整。石油会社ユノカルのアフガン・プロジェクトの主任顧問となる。

1989年から1991年までランド研究所の上級政治学者、カリフォルニア大学サンディエゴ校の講師を務める。1991年から1992年まで、政治計画担当国防次官補在任。

1993年~1999年、ランド研究所の「戦略、ドクトリン及び戦力機構」(Strategy, Doctrine and Force Structure)空軍プロジェクトのディレクター。中東研究センター(Center for Middle Eastern Studies)を設立。ジョージ・ウォーカー・ブッシュ政権の国防総省移行チームの長となり、後に国防長官顧問となる。アメリカ国家安全保障会議西アジア・近東・北アフリカ担当特別補佐官。南西アジア・近東・北アフリカ担当大統領特別補佐官。

ジョージ・W・ブッシュ政権の下、2003年11月から2005年6月まで駐アフガニスタン特命全権大使を務め、2003年11月24日、ハーミド・カルザイ大統領に信任状を手交した。

2005年6月21日から2007年3月26日まで駐イラク共和国特命全権大使。イラク戦争には賛成の立場を取り、嫌露派として知られる。2007年4月17日からは2009年1月20日まで国際連合特命全権大使を務めた。

著書[編集]

  • 「過去15年間におけるロシア領内での米空軍の戦闘作戦」
  • 「南西アジアの安全保障」
  • 「アッラーの政府:イラン・イスラム共和国」(共著)
  • 「ロシア衰退の評価:米空軍に対する戦略的結果」(科学コンサルタント)
外交職
先代:
ロバート・フィン
在アフガニスタンアメリカ合衆国大使
2003年 - 2005年
次代:
ロナルド・ノイマン
先代:
ジョン・ネグロポンテ
在イラクアメリカ合衆国大使
2005年6月21日 - 2007年3月26日
次代:
ライアン・クロッカー
先代:
アレハンドロ・ウォルフ
アメリカ合衆国国連大使
2007年4月17日 - 2009年1月20日
次代:
スーザン・ライス