ザムトゲマインデ・リーベナウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
紋章 地図
(郡の位置)
No coats of arms.svg Locator map NI in Germany.svg
基本情報
連邦州: ニーダーザクセン州
郡: ニーンブルク/ヴェーザー郡
緯度経度: 北緯52度36分
東経09度06分
面積: 71.96 km²
人口:

5,805人(2012年12月31日現在) [1]

人口密度: 81 人/km²
ナンバープレート: NI
自治体コード: 03 2 56 5405
市町村数: 3 町村
行政庁舎の住所: Ortstraße 28
31618 Liebenau
ウェブサイト: www.liebenau.com
首長: ヴァルター・アイスナー (Walter Eisner)
郡内の位置
Samtgemeinde Liebenau in NI.svg

ザムトゲマインデ・リーベナウ (Samtgemeinde Liebenau) は、ドイツ連邦共和国ニーダーザクセン州ニーンブルク/ヴェーザー郡ザムトゲマインデ(集合自治体)である。ザムトゲマインデ・リーベナウは、ザムトゲマインデ・マルクローエおよびシュタイアーベルクとともに目的連合「ヴェーザー左岸」を形成している。

地理[編集]

位置[編集]

ザムトゲマインデ・リーベナウは、ヴェーザー川の中流(郡庁所在地のニーンブルク/ヴェーザーとは約15kmの距離にある)と氷河時代に形成されたニーンブルク=メッペナー・ゲースト(ゲーストとは氷河谷に砂が堆積した地形)との間に広がっている。

地質学[編集]

地形上の特徴は、氷河時代に形成された「ビンナー・シュルフト」(ビンネン峡谷)に見ることができる。約60万年前、スカンジナビア山地から巨大な氷河が南に押し出されてきた。土地は 300mから 400mの厚さの氷層で覆われた。氷塊は巨大な岩、土砂、崩れ石の塊を巻き込んでいった。やがて暖かくなり氷が溶けると岩は水底へ沈んだ。こうしてニーンブルク=メッペナー・ゲーストが形成された。溶けて流れる水が周囲のゲーストに深い谷を刻んだ。ビンネン峡谷はこうして形成されたのである。

自治体の構成[編集]

このザムトゲマインデを構成する町村は、ビンネンリーベナウペンニヒゼールである。面積は 71.96km2である。人口密度は約90人/km2と比較的少ない。

歴史[編集]

ザムトゲマインデ・リーベナウは、1967年7月1日に、ビンネン、ビューレン、グリッセン、ヘスターベルク、リーベナウ、ペンニヒゼールの 6町村で発足した。ニーンブルク/ヴェーザー地域の町村再編により、1974年に、ビンネン、ビューレン、グリッセンはビンネンに、ペンニヒゼールとヘスターベルクはペンニヒゼールに、それぞれ統合された。統合後のビンネン、ペンニヒゼール、リーベナウの 3町村で新たにザムトゲマインデ・リーベナウが改めて形成された。

行政[編集]

議会[編集]

このザムトゲマインデの議会は18人の選出議員と、直接選挙で選ばれるザムトゲマインデ長の19人で構成される。

首長[編集]

2001年9月9日の選挙でヴァルター・アイスナーがザムトゲマインデ長に選出された。

文化と見所[編集]

濃密な針葉樹広葉樹の森には、標識のある遊歩道が設けられており、魅力的な環境の中で様々な体験ができる。

観光という点からは、ザムトゲマインデ・リーベナウはサイクリング・ツアー客が最も興味を持つ場所の一つである。ドイツ全土で有名なヴェーザー自転車道の別ルートが、このザムトゲマインデ内を通っている。標識が整備された自転車道は高く評価されており、特にリーベナウの森林地区「アム・ジュンデルン」、ビンネン峡谷、マインシェのフックスベルクヒュッテ付近である。フックスベルクヒュッテから数百m離れたボルステラー湿地の眺めも楽しい。

名物料理[編集]

リーベナウアー・シュパーゲルは、この地域の畑でとれたアスパラガスによる様々なバリエーションを持つ食品である。

経済と社会資本[編集]

様々な中規模企業の他、合成樹脂およびセメント産業がザムトゲマインデ・リーベナウの経済的重点をなしている。

リーベナウには多くの手工業者がある。この町の長い手工業の伝統は広く知られている。

交通[編集]

ザムトゲマインデ・リーベナウへは州道351号線経由でアクセスする。

公共施設[編集]

ザムトゲマインデ・リーベナウには、屋内プールや様々なスポーツ施設、レクリエーション施設がある。また、青年の家もある。

教育[編集]

  • 基礎課程学校 2校
  • 特殊学校 1校
  • 本課程学校 1校
  • 国民大学

引用[編集]