ザミュエル・フォン・プーフェンドルフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザミュエル・フォン・プーフェンドルフ

ザミュエル・フォン・プーフェンドルフ(Samuel von Pufendorf、1632年1月8日 - 1694年10月13日)はドイツの法学者。1661年からハイデルベルク大学で国際法の教授を務め、1668年からスウェーデンルンド大学の教授となった。

ウェストファリア条約で各ラントの諸侯権が確立すると、普遍的な「書かれた理性」たるローマ法はその権威を失墜し、新たな「理性法」が要求された。この要求に対し、プーフェンドルフは世俗的自然法論を展開した。

彼はトマス・ホッブズと同様に「自己保存本能」を出発点としたが、人間の無力さゆえに他人の助力を要するとして、「自然状態」は家族結合のような社会関係であるとし、完全な闘争状態を否定した。しかし、この自然状態が宗教的な内面の良心に依るだけでは不安定であり、それゆえに社会契約によって国家を形成し、その権力によって平和と安全…国民の福祉を実現するべきであると説いた。

このような自然法論は、人間の本性から論証していくという点でグロティウス自然法論の世俗化をもたらし、三十年戦争後の皇帝権・教皇権衰退の下で、諸侯に有利な国家論を基礎付けるに至った。

プーフェンドルフの見解はサムエル・シュトリクにより、「パンデクテンの現代的慣用」の名の下に、司法実務に根付いた。

参考文献[編集]

  • 「法思想史」田中成明他(有斐閣)