ザフェロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザフェロー
品種 AQPS
性別
毛色 鹿毛
生誕 1985年
死没 2008年
Italic
L'Oranaise
生国 フランスの旗 フランス
生産 Mlle A. M. Gaulin
馬主 Marquesa Soledad de Moratalla
調教師 François Doumen
競走成績
テンプレートを表示

ザフェロー (The Fellow) はフランスの非サラブレッド (AQPS) の競走馬である。フランス、そしてイギリス障害競走で活躍した。父はセルフランセの障害馬イタリック、全弟にフランスのラエ・ジュスラン賞を7連覇したアルカポネIIがいる。

ザフェローは1990年秋にラエ・ジュスラン賞を優勝したあとにイギリスに積極的に遠征し、キングジョージ6世チェイスでは初出走の1990年こそ4勝目を狙ったデザートオーキッドの前に3着に敗れたが、翌1991年1992年は連覇を達成した。また、チェルトナムゴールドカップにも1991年より5年連続で出走し、4年目の1994年に優勝し、ほかにも2着2回の成績を残した。1994年はグランドナショナルにも出走し11ストーン4ポンド(71.7キログラム)のハンデで単勝10倍の3番人気となったが、2周目のキャナルターンで激しく転倒して競走を中止した。

なお、フランスの競走にも継続的に出走し、1991年パリ大障害で優勝したが、その後は大レースで優勝することはできなかった。1995年のパリ大障害で競走中止に終わり、これを最後に引退した。

2008年に23歳で死亡した[1]

おもな成績[編集]

  • ラエ・ジュスラン賞(1990年)
  • パリ大障害(1991年)
  • キングジョージ6世チェイス(1991年、1992年)
  • チェルトナムゴールドカップ(1994年)、2着(1991年、1992年)

脚注[編集]

  1. ^ GOLD CUP ACE THE FELLOW PASSES AWAY” (英語). Sporting Life (2008年8月28日). 2011年6月13日閲覧。

外部リンク[編集]