ザビーナ・フォン・バイエルン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザビーナ・フォン・バイエルン

ザビーナ・フォン・バイエルン(Sabina von Bayern, 1492年4月24日 - 1564年8月30日)は、ヴュルテンベルク公ウルリヒの妃。

バイエルン公アルブレヒト4世と妃クニグンデの娘として、ミュンヘンで生まれた。

母方の伯父、神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世の政治的判断により、6歳でヴュルテンベルク公ウルリヒと婚約し、15歳で結婚した。ウルリヒの暴力により、結婚生活は不幸だった。ザビーナはクリストフ(1515年 - 1568年)とアンナ(1513年 - 1530年)の2子を残して、母と兄弟のいるミュンヘンへ避難しなければならなかった。

1551年にクリストフが公位を継ぐと、公家の寡婦の住まいのあるニュートリンゲン(現在のバーデン=ヴュルテンベルク州エスリンゲン郡)に移住した。そこで彼女は小さな宮廷を営み、ヴュルテンベルクのプロテスタントらの集まる場所とし、女性教育を助けた。