ザナタ石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザナタ石

ザナタ石とは、おそらくグアンチェ族を起源とする碑文の刻まれた小さな石である。この石は1992年に、スペインカナリア諸島に属するテネリフェ島の北西部、El Tanque地方自治体の「花々の山」(Montan~a de las Flores)として知られる山の近くで発見された。テネリフェ島の考古学博物館に勤務する局長、Rafael Gonzalez Anto'nに拠れば、石には魚の一種が描かれており、この図形はティフィナグ文字で表されていると推測される。このティフィナグ文字はアルファベット表記のように少数のベルベル人に用いられたものである。この石は、同島にある、アラビア語及びイスラム語の研究を行う サン・クリストバル・デ・ラ・ラグーナ大学にてRafael Mun~oz教授により分析を受けた。この石はカナリア諸島におけるロゼッタ・ストーンのようなものと目されている。ザナタ石は、グアンチェ族の呪術的・宗教的世界と関連があったと推測される。

ザナタ石は、北アフリカの群島においてベルベル人の労働力として利用されてきた、Punic族の存在に関する学説を補助するものと見なされている。テネリフェ島に居住する少数のグアンチェ族はZenataZanataもしくはZenete、また「舌を切られた者」)として知られる。現在ザナタ石はテネリフェ考古学博物館に収蔵されている(サンタ・クルス・デ・テネリフェに所在。)[1]

脚注[編集]

  1. ^ The Zanata Stone - in Spanish

関連項目[編集]