ザトペック (小惑星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザトペック
5910 Zatopek
仮符号・別名 1989 WH4
分類 小惑星
軌道の種類 小惑星帯
発見
発見日 1989年11月29日
発見者 A. ムルコス
軌道要素と性質
元期:2007年10月27日 (JD 2,454,400.5)
軌道長半径 (a) 2.280 AU
近日点距離 (q) 1.965 AU
遠日点距離 (Q) 2.595 AU
離心率 (e) 0.138
公転周期 (P) 3.44
軌道傾斜角 (i) 5.00
近日点引数 (ω) 290.71 度
昇交点黄経 (Ω) 133.97 度
平均近点角 (M) 65.17 度
物理的性質
絶対等級 (H) 13.6
■Project ■Template

ザトペック (5910 Zatopek) は小惑星帯の小惑星である。チェコスロバキア(当時)のクレット天文台 (Hvězdárna Kleť) でアントニーン・ムルコスが発見した。

ロンドン(1948年)・ヘルシンキ(1952年)のオリンピックで金メダルを獲得したチェコスロバキアの陸上選手、エミール・ザトペック (Emil Zátopek) から命名された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


前の小惑星:
名古屋 (小惑星)
小惑星
ザトペック (小惑星)
次の小惑星:
(5911) 1989 WO7