ザクスピード・871

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザクスピード・871
Zakspeed 871.JPG
カテゴリー F1
コンストラクター ザクスピード
デザイナー クリス・マーフィー
ハインツ・ツェルナー
先代 ザクスピード・861
後継 ザクスピード・881
主要諸元[1]
シャシー カーボンファイバー モノコック
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン, プルロッド
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン, プルロッド
トレッド 前:1,800 mm (71 in)
後:1,670 mm (66 in)
ホイールベース 2,800 mm (110 in)
エンジン ザクスピード 1500/4[2] 1,495 cc (91.2 cu in), 直列4気筒, ターボ, 880馬力(過給圧4.0バール時)[3] ミッドエンジン, 縦置き
トランスミッション ヒューランド / ザクスピード 6速 MT
重量 560 kg (1,200 lb)
燃料 ヴィンテルスハル / カストロール
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム ウエスト ザクスピード・レーシング
ドライバー 9. イギリスの旗 マーティン・ブランドル
10. ドイツの旗 クリスチャン・ダナー
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1987年サンマリノグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
15 0 0 0
テンプレートを表示

ザクスピード・871 (Zakspeed 871) は、ザクスピード1987年F1世界選手権に投入したフォーミュラ1カークリス・マーフィーらのザクスピード・デザイン・グループ[4][5]により設計された。

概要[編集]

ザクスピード・861の後継車として開発され、自社開発の1.5リッター直列4気筒ターボエンジン、1500/4を搭載した。エンジンは920 bhp (686 kW; 933 PS)を発揮した[6]。 ドライバーはマーティン・ブランドルクリスチャン・ダナーを起用。ブランドルはティレルで3年間を過ごしファーストドライバーとして加入した。ザクスピードで2年を過ごしたジョナサン・パーマーがティレルに加入したため、ドライバーを交換したような形となった。セカンドドライバーのダナーは1985年の国際F3000選手権タイトルを獲得しており、アロウズからの移籍であった。

レース戦績[編集]

シーズン開幕戦のブラジルには間に合わず、前年型の861を使用したが、第2戦サンマリノグランプリではブランドルが871を使用し、15位で予選通過、決勝は5位で2ポイントを獲得した。この2ポイントはザクスピードがF1で獲得した唯一のポイントとなった。

前年型と比べると信頼性が向上したが、その反面ダウンフォース不足に悩まされ、リタイヤも少なくなかったが、終わってみればコンストラクターズ10位と前年よりも好成績を残した。

871は1988年シーズンには後継のザクスピード・881にとって代わられた。チームのメインスポンサーはドイツのたばこ会社、ウエストであった。

スペック[編集]


F1における全成績[編集]

(key) (太字ポールポジション

チーム エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1987年 ウエスト ザクスピード・レーシング ザクスピード 1500/4
S4 tc
G BRA
ブラジルの旗
SMR
サンマリノの旗
BEL
ベルギーの旗
MON
モナコの旗
DET
アメリカ合衆国の旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
AUT
オーストリアの旗
ITA
イタリアの旗
POR
ポルトガルの旗
ESP
スペインの旗
MEX
メキシコの旗
JPN
日本の旗
AUS
オーストラリアの旗
2 10位
マーティン・ブランドル 5 Ret 7 Ret Ret NC NC Ret DSQ Ret Ret 11 Ret Ret Ret
クリスチャン・ダナー Ret EX 8 Ret Ret Ret Ret 9 9 Ret Ret Ret Ret 7
  • コンストラクターズランキング10位
  • ドライバーズランキング18位:マーティン・ブランドル(予選最高位13位1回 決勝最高位5位1回)
  • ドライバーズランキング-位:クリスチャン・ダナー(予選最高位16位4回 決勝最高位7位2回)

参照[編集]

  1. ^ STATS F1 - Zakspeed 871”. Statsf1.com. 2010年8月23日閲覧。
  2. ^ 単にこう呼ばれるが正式名称は無い。(イアン・バムゼイ 『世界のレーシングエンジン』 三重宗久訳、株式会社グランプリ出版、東京都新宿区、1990年、p.198。ISBN 4-906189-99-7)
  3. ^ AUTOCOURSE 1987-88. pp. p.226. 
  4. ^ Hamilton, Maurice (ed.) (1987). AUTOCOURSE 1987-88. Hazleton Publishing. pp. p.231. ISBN 0-905138-47-3. 
  5. ^ Bamsey, Ian (1988). THE 1000 BHP GRAND PRIX CARS. Haynes Publishing Group. pp. p.165. ISBN 0-85429-617-4. 
  6. ^ Zakspeed F1 Engines at”. Gurneyflap.com. 2012年1月7日閲覧。
  • Roebuck, Nigel; Henry, Alan (1988). Grand Prix World Formula One Championship 1987/88. Garry Sparke & Associates.. ISBN 0-908081-27-8.