サーリフ・ボゾク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サーリフ・ボゾク
Sâlih Bozok
SalihBozok.jpg
サーリフ・ボゾク
生誕 1881年
セラーニク (現テッサロニキ)
死没 1941年4月25日(満60歳没)
スアディイェ (イスタンブル)
所属組織 オスマン帝国軍
トルコ軍
軍歴 オスマン: 1901–1919
トルコ: 1920–
最終階級 中佐
除隊後 トルコ大国民議会議員
テンプレートを表示

サーリフ・ボゾク (Sâlih Bozok)は、オスマン帝国末期およびトルコ共和国初期の軍人。トルコの政治家。ムスタファ・ケマル・アタテュルクの副官として知られる。最終階級は中佐。

オスマン帝国[編集]

1881年、サロニカ (トルコ語名:セラーニク、現テッサロニキ)で、ジャフェル・エフェンディとチェレビー・ハヌムの息子として生まれた。サロニカ少年兵学校を経て、1903年に陸軍士官学校を歩兵少尉として卒業した。士官学校卒業後、ジスリ・ムスタファパシャ (現スヴィレングラード)のブルガリアとの国境監視所に、1905年に予備大隊の士官としてイスケチェ (現クサンティ)に配属された。イスケチェ時代に統一と進歩協会に関与し始めた。1908年、中尉に昇進し、ウードゥル、そしてボルで任務に就いた。しばらくして、再びイスケチェ予備大隊に配属された。1910年、サロニカに開校した下士官学校の教官となった。校長は妹の夫ヌーリ・ベイだった。その後、アラティニ邸で監視下に置かれていたアブデュルハミト2世の警護部隊に任命された。バルカン戦争勃発時、アブデュルハミト2世の身柄をドイツのヨットで秘密裏にイスタンブルに移送する任務に就いた。[1]

第一次世界大戦[編集]

第7軍司令官ムスタファ・ケマル・パシャと副官たち、左から右へ:サーリフシュクリュジェヴァート・アッバス、1918年、アレッポにて

1916年、第2軍司令官ムスタファ・ケマル・パシャの要請で、同軍の主席副官に任命されてディヤルバクルに赴任した。ムスタファ・ケマル・パシャが第7軍司令官に就任すると、同軍主席副官に任命されアレッポに赴任した。ムスタファ・ケマル・パシャがユルドゥルム軍集団司令官を辞任すると、エンヴェル・パシャにより退役させられた。終戦後、フェリト・パシャ政府により逮捕されてベキルアー軍刑務所に収監されたが、陸軍省主席補佐官サーリフ・ベイの援助で脱出した。[2]

独立戦争から共和国初期[編集]

1920年、ムスタファ・ケマル・パシャのアンカラに来るようにとの電報を受け取り、アナトリアに渡りアンカラに至った。ヨズガト反乱が発生すると、チョラク・イブラヒム・ベイの支隊とともにヨズガトに赴いた。ムスタファ・ケマル・パシャが大国民議会議長に選出されると、議長主席補佐官に任命された。勤続年数のために少佐に、戦時の勤続年数が考慮され特別に中佐に昇進した。希土戦争末期、1922年9月10日、ムスタファ・ケマル・パシャとともにイズミルに凱旋した。[2]

ムスタファ・ケマル・パシャの母ズュベイデ・ハヌムがイズミルでの休養を奨められ、1922年12月17日、列車でアンカラからイズミルに移った際、同行した。サーリフの息子ジェミル・サーリフ・ボゾクによると、ウシャキザーデ・ムアンメル・ベイの娘ラティーフェ・ハヌムについて、ズュベイデ・ハヌムは「この娘は息子に相応しくない」と言ったが、サーリフは事実を改竄して「この娘は息子に相応しい」と言ったと伝えたという。[3]

1923年1月14日にズュベイデ・ハヌムが亡くなった後、1月27日にイズミルに来たムスタファ・ケマル・パシャがラティーフェ・ハヌムとの結婚を決意すると、同月29日、フェヴズィ・パシャキャーズム・カラベキル・パシャアブデュルハーリク・ベイとともに、この結婚の証人となった。[4]1923年7月12日、330票を獲得してボゾク県 (現ヨズガト県)から第二期トルコ大国民議会議員に選出され、8月11日に初登院した。サーリフは、第五期まで同選挙区から選出され続けることになる。1924年8月26日、トルコ産業銀行の設立メンバーの一人として名を連ねた。[2]

自殺未遂[編集]

左から右へ:サーリフユルキュジェヴァート・アッバス、ムスタファ・ケマル、「クルチ」アリ、1937年、イスタンブルのフロリヤにて

1938年11月10日、ムスタファ・ケマル・アタテュルクがドルマバフチェ宮殿で息を引き取ると、スミス&ウェッソン社製の拳銃 (シリアルナンバー:228411)を手にし階下の部屋に行き、自らの胸部に銃弾を発射し自殺を図ったが失敗した。[5] その後、療養のため、ヤロワに移った。 1939年4月3日、第六期トルコ大国民議会でビレジク県から議員に選出された。[2]1941年1月1日に回想録を完成させた後、4月25日にイスタンブルのスアディイェの邸宅で亡くなり、アンカラのジェベジ殉職者墓地のヌーリ・ジョンケルの墓の横に埋葬された。[6]

親族[編集]

  • デュッリイェ・ボゾク:夫人、ジェミル・サーリフ・ボゾク:息子、ムザッフェル・ボゾク:息子
  • ムスタファ・ケマル・アタテュルク:再従兄弟
  • メフメト・ヌーリ・ジョンケル:義理の兄弟 (サーリフの夫人デュッリイェ・ボゾクの兄)

文化的影響[編集]

映画:

  • ヴェダー:別れ』 (Veda): サーリフ・ボゾクの視点から (但し、 アイハン・アクタシュ (Ayhan Aktaş)の演じる息子ムザッフェルがナレーション役で、父サーリフ (Serhat Mustafa Kılıç)から伝え聞いたという形式を採る)、ムスタファ・ケマル・アタテュルクの生涯を描いたズュルフュ・リヴァネリ監督作品。

出典[編集]

  1. ^ Türk Parlamento Tarihi Araştırma Grubu, Türk Parlamento Tarihi: TBMM - II. Dönem 1923-1927 - III. Cilt: II. Dönem Milletvekillerin Özgeçmişleri, Türkiye Büyük Millet Meclisi Vakfı Yayınları, Ankara, 1995, ISBN 975-7291-04-8, p. 155. (トルコ語)
  2. ^ a b c d Türk Parlamento Tarihi Araştırma Grubu, Ibid., p. 156.
  3. ^ Bozok’un evlilik diplomasisi, Hürriyet, 6 Ocak 2005. (トルコ語)
  4. ^ Selih Bozok, Yayına Hazırlayan: Can Dündar, Yaveri Atatürk'ü Anlatıyor: Salih Bozok'un Anıları, Doğan Kitapçılık, İstanbul, 2001, ISBN 975-6719-63-X, p. 100.
  5. ^ Can Dündar, Salih Bozok’un Atatürk’ün ölümü üzerine kalbine sıktığı Smith Wesson marka tabanca Yapı Kredi Bankası tarih arşivinde çıktı, Milliyet, 10 Kasım 2009 (トルコ語)
  6. ^ Salih Bozok, Ibid., p. 13.

外部リンク[編集]