サーリフ・ハーッジー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1382年のハーッジー2世の治世に鋳造された銅貨。

アル=サーリフ・ハーッジー(Al-Salih Salah Zein al-Din Hajji II、ハーッジー2世)は、マムルーク朝バフリー・マムルーク朝)のスルターン(在位:1381年 - 1382年1389年 - 1390年)。第26代スルターン・アシュラフ・シャーバーンの子[1][2]。第27代スルターン・マンスール・アリーの弟にあたる。

1381年にマンスール・アリーが没した後、有力者である将軍バルクークが登位する噂が広まるが、他の将軍たちはブルジー・マムルーク(チェルケス系英語版出身のマムルーク)であるバルクークの即位に反対していた[3]。バルクークはバフリー・マムルーク(アイユーブ朝のスルターン・サーリフが創始したバフリーヤ軍団の出身者)の勢力が衰えるまで即位を延期するべきだと考え、マンスール・アリーの弟であるハーッジー2世を擁立した[4]。ハーッジー2世の即位後、摂政となったバルクークが政務と軍事の全権を掌握した[5]

バフリー・マムルークの有力者たちが相次いで没した後にバルクークは即位を決意し、1382年11月にハーッジー2世は廃位される[6]

1389年にバルクークが反乱によって失脚した後、バルクークの政敵によってハーッジー2世が擁立され、一時的に復位する。1390年のダマスカス近郊の戦闘でハーッジー2世はバルクーク軍の捕虜となり、バルクークによって再び廃位された[7]。 バルクークの復位により、カラーウーン家によるスルターン位の世襲は終わりを迎え、新たにブルジー・マムルーク朝英語版が成立した[8]

ハーッジー2世は廃位後もカイロに住み続けることを許されたが、後に毒殺される[9]

脚注[編集]

  1. ^ 三浦徹「東アラブ世界の変容」『西アジア史 1 アラブ』収録(佐藤次高編, 新版世界各国史, 山川出版社, 2002年3月)、付録93頁
  2. ^ Williams, p.16-17 [1]
  3. ^ 大原『エジプト マムルーク王朝』、78頁
  4. ^ 大原『エジプト マムルーク王朝』、78,80頁
  5. ^ 大原『エジプト マムルーク王朝』、81頁
  6. ^ 大原『エジプト マムルーク王朝』、78,81頁
  7. ^ 大原『エジプト マムルーク王朝』、87頁
  8. ^ 三浦徹「東アラブ世界の変容」『西アジア史 1 アラブ』収録(佐藤次高編, 新版世界各国史, 山川出版社, 2002年3月)、323頁
  9. ^ 大原『エジプト マムルーク王朝』、88頁

参考文献[編集]

  • 大原与一郎『エジプト マムルーク王朝』(近藤出版社, 1976年10月)
  • Caroline Williams, Richard Bordeaux Parker, Robin Sabin, Jaroslaw Dobrowolski, Ola Sei, Islamic Monuments in Cairo: The Practical Guide American Univ in Cairo Press, 2002