サーブ・9-2X

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サーブ・9-2X
Saab9-2x-ai.jpg
販売期間 2004年 - 2006年
乗車定員 5人
ボディタイプ 5ドア ステーションワゴン
エンジン 2.5L 水平対向4気筒 165仏馬力
2.0L 水平対向4気筒 ターボ 227仏馬力
全長 4,460mm
全幅 1,695mm
全高 1,465mm
車両重量 1,496kg
-自動車のスペック表-

9-2X(ナイン・ツー・エックス、Saab 9-2X )は、サーブ・オートモービル2005年から2006年まで北米市場において販売していた小型乗用車である。

スバル・インプレッサバッジエンジニアリングであり、生産は日本の富士重工業群馬製作所矢島工場において行われていた。

概要[編集]

スウェーデンの自動車会社サーブは、2000年にはゼネラルモータース(GM)の完全子会社となっていた。またGMは富士重工業にも資本参加し株式の20%を所有していたことから、この乗用車が企画された。

インプレッサスポーツワゴンをベースとしており、ボディ骨格、サイドドア及び内装パーツ類が共通であるが、32点ものサーブ流補強・防震対策が施されていた。駆動方式は四輪駆動のみで、トランスミッションは5速MTと4速ATが用意されていた。エンジンは2.5リッターの自然吸気モデルと2.0リッターのターボ搭載モデルが存在した。富士重工における生産は2004年中に開始され、北米に輸出された。2005年の生産台数であった8,000台は完売した。また米国道路安全保険協会(IHSS)による安全性能評価では、最高評価を獲得していた[1]

2005年10月には富士重工業とGMとの資本提携が解消されることが明らかとなり、9-2Xの生産は2006年モデル限りで中止となった。



脚注[編集]

  1. ^ http://www.iihs.org/ratings/ratingsbyseries.aspx?id=571