サード・ステージ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サード・ステージ
ボストンスタジオ・アルバム
リリース 1986年9月23日
ジャンル ロック
時間 36:40
レーベル MCAレコード
プロデュース トム・ショルツ
専門評論家によるレビュー
  • All Music Guide 3of5.svg link
ボストン 年表
ドント・ルック・バック
(1978年)
サード・ステージ
(1986年)
ウォーク・オン
(1994年)
テンプレートを表示

サード・ステージThird Stage)は1986年に発表されたボストンアルバム1978年の『ドント・ルック・バック』以来8年ぶりの第3作目。全米チャートで4週連続1位、最初にシングルカットされた「アマンダ」は2週連続1位の大ヒットを記録した。

前作の発表とツアーの後、ボストンの活動は一旦停止する。新作の制作が遅々として進まず、業を煮やしたエピック・レコードとの法廷闘争に突入したのが主な理由である。リーダーのトム・ショルツはこの間もスローペースながら楽曲制作を続け、法廷闘争が決着しMCAレコードへ移籍した1986年、ようやく第3作目となる本作が発表された。こうした経緯ゆえ各曲の作曲時期はバラバラである(例えば「アマンダ」は1980年の作)。

前作同様のポップでメロディアスかつ広がりのあるハードロック路線であるが、「アマンダ」をはじめとしてミドルテンポの落ち着いた曲が目立つ。中でも、ショルツが学生時代を過ごした1960年代後半の「愛と自由と平和を信じた青春時代」を懐古する「ホリーアン」は非常に感傷的である。

レコーディングメンバーは、ショルツ(全楽器)、ブラッド・デルプ(ボーカル)以外は前作と変わり、ジム・マスデア(ドラム)、ギャリー・ピール(ギター)が参加した。ギターの録音ではショルツ自身が開発したエフェクター「ロックマン」が活躍している。また前作同様、「ノー・シンセサイザー、ノー・コンピューター」のクレジットがある。


収録曲[編集]

  1. Amanda
  2. We're Ready
  3. The Launch
  4. Cool the Engines
  5. My Destination
  6. A New World
  7. To be a Man
  8. I Think I Like It
  9. Can'tcha Say (You Believe in Me) / Still In Love
  10. Hollyann