サーデグ・ラーリージャーニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サーデグ・アルダシール・ラーリージャーニー[1]ペルシア語: صادق اردشیر لاریجانی‎ ; ラテン文字:Sadeq Ardeshir Larijani、1960年3月12日 -)はイランウラマーアーヤトッラー)、政治家。現司法府長官。サーデグ・アーモリー・ラーリージャーニーと表記されることもある[2]

経歴[編集]

サーデグは1960年3月12日、アーヤトッラーのミールザー・ハーシェム・アーモリーを父親に、イラクナジャフで生まれた。兄にモハンマド=ジャヴァード、イラン国会議長のアリー・ラーリージャーニーがいる[1]

サーデグは12名からなる監督者評議会のメンバーを8年間務めた[3]。「経験不足」、「イラン軍や諜報機関と密接な関係がある」と言われる[4][5]。2009年8月14日、イランの最高指導者アリー・ハーメネイーにより司法府長官に任命された[2]。2009年の大統領選挙後に起こったデモに対して、「不法」及び「根拠がない」として厳しく対応した[6]

政治的イデオロギー[編集]

2006年に、「イラン政府の権威は国民の投票によらない」と発言した[7]。元大統領モハンマド・ハータミーの改革の批判者として知られ、1998年3月の記事で、前者の求めた市民イスラム社会を非難した[8]。サーデグによると「我々は信仰生活を送ること、クルアーンの命令または預言者導師の教えが実行される社会を支持する[9]。 サーデグはイラン人の知識人アブドルカリーム・ソロウシュの批判者としても知られている。ソロウシュによると、イスラームはイデオロギーではなく、個人的な生き方である。

司法府長官として[編集]

2009年9月7日、司法府長官の許可を得て、イラン警察は政治犯を支援する事務所に立ち入り、書類やコンピュータをすべて没収した。この事務所はイランの刑務所で拷問された人々を助ける目的で設立された。 2009年9月8日、司法官は「National Confidence」という野党の事務所を手入れして、 野党の指導者の協力者であるモルタザー・アルヴィーリー、アリーレザー・ベヘシュティーらを逮捕した [10][11]。同じ月、司法官が野党の指導者の子どもたちを標的にした。例えば、投獄中の活動家ジャヴァード・エマームの娘であり、2009年の大統領選補者ミール・ホセイン・ムーサヴィーの選挙担当でもあったアーテフェ・エマームは 、9月9日に逮捕され、24時間にわたり拘留され、彼女の父親に関する取り調べを受けた [12]

参照[編集]

  1. ^ a b 佐藤秀信. “用語解説”. 日本国際問題研究所. http://www2.jiia.or.jp/pdf/resarch/h21_iran/11_yougo.pdf 2012年11月4日閲覧。 
  2. ^ a b “サーデグ・ラーリージャーニー師の司法府長官への任命”. アヤトッラー・セイエド・アリー・ハーメネイー業績・作品研究所. (2009年8月15日). http://japanese.khamenei.ir/index.php?option=com_content&task=view&id=380&Itemid=35 2012年11月11日閲覧。 
  3. ^ a b Will Iran's 'Kennedys' Challenge Ahmadinejad? By Robin Wright. August 17, 2009
  4. ^ a b Will Iran's 'Kennedys' Challenge Ahmadinejad? By Robin Wright. August 17, 2009
  5. ^ Militarization of the Iranian Judiciary By Mehdi Khalaji, August 13, 2009
  6. ^ farsnews.com (farsi)
  7. ^ Iran Briefing, September 2006
  8. ^ Sobh newspaper, No 80, Farvardin 1377 (March 1998), p 44.
  9. ^ Islam and Human Rights, Farhang Jahanpour Journal of Globalization for the Common Good
  10. ^ دفتر کروبی و دفتر حزب اعتماد ملی مهر و موم شد
  11. ^ اشت شد
  12. ^ Unforgivable Crimes in Iran: The Under-Reporting of Deaths September 7, 2009

外部リンク[編集]