サーティーン あの頃欲しかった愛のこと

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サーティーン
あの頃欲しかった愛のこと
Thirteen
監督 キャサリン・ハードウィック
脚本 キャサリン・ハードウィック
ニッキー・リード
製作 ジェフリー・レヴィ=ヒント
マイケル・ロンドン
製作総指揮 ティム・ビーヴァン
エリック・フェルナー
リザ・チェイシン
ホリー・ハンター
音楽 マーク・マザースボウ
撮影 エリオット・デイヴィス
編集 ナンシー・リチャードソン
製作会社 ワーキング・タイトル・フィルムズ
配給 アメリカ合衆国の旗 フォックス・サーチライト
日本の旗 メディア・スーツ
公開 アメリカ合衆国の旗 2003年8月20日
日本の旗 2005年4月16日
上映時間 95分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $2,000,000[1]
興行収入 $10,128,960[1]
テンプレートを表示

サーティーン あの頃欲しかった愛のこと』(Thirteen)は、2003年公開のアメリカ映画キャサリン・ハードウィック監督。

第76回アカデミー賞助演女優賞、第61回ゴールデングローブ賞主演女優賞(ドラマ部門)及び助演女優賞などにノミネートされた。

ストーリー[編集]

アメリカの西海岸で、母・メラニーと、兄とともに暮らす13歳の少女・トレイシーは、"優等生"ともいえる少女だった。ある日、トレイシーはクラスメートのイーヴィに憧れ、彼女のようになりたいと感じた。それ以来トレイシーはイーヴィの派手なファッションをまねたり、母親に反抗的な態度をとり、家族に戸惑いを感じさせた。メラニーはトレイシーの変化に悩み、元夫や恋人らに相談するが、相手にしてくれず、メラニーの苦悩は募るばかりだった。

そうしているうちに、トレイシーの非行は酒、セックス、ドラッグとエスカレートしていき、イーヴィとの関係も変化していった。

キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Thirteen (2003)” (英語). Box Office Mojo. 2010年4月23日閲覧。

外部リンク[編集]