サーカス (歌手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サーカス
CIRCUS
基本情報
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ポップス
ニューミュージック
活動期間 1978年 -
レーベル ソニー・ミュージックダイレクト
ファンハウス
Vap
日本コロムビア
ワーナー・パイオニア
アルファレコード
共同作業者 ピーマン
公式サイト サーカスオフィシャルWEBサイト
メンバー
叶正子
叶高
叶ありさ
吉村勇一
旧メンバー
叶央介
原順子
卯月節子
嶋田徹
すが健
茂村泰彦

サーカスは、1978年にデビューした男女2人ずつからなる4人組のコーラスグループ。

概要[編集]

デビュー当時は3人姉弟と従姉からなり、2006年現在は3人姉弟と次男の妻と、親族だけでメンバーを構成している。ハートウォームなコーラスワークと個々の歌唱力は高く評価されており、アカペラはもちろん、コーラスグループの先駆者である。主な活動内容は、コンサート・CD制作・TVラジオ出演などである。

また、コーラスをもっと楽しんでもらいたいと、各地でのワークショップを企画する傍ら、個々でのソロ活動、夫婦ユニット「J&O」を結成するなど活動を行っている。

1978年3月25日発売の『Mr.サマータイム』が、同年8月中に100万枚を突破する[1]大ヒットとなった。他に1979年の『アメリカン・フィーリング』、1988年の『Woman in Love』などのヒット曲がある。

25周年を迎える2003年には、メモリアルコンサートを東京・大阪で開催したほか、BEST盤を発売。2007年には高校野球でイメージアーティストに選ばれ「栄冠は君に輝く」を歌唱した。

2011年5月、アメリカのマンハッタンのセントラルパークで毎年行われる「JAPAN DAY(がんばろうJAPAN!!)」のゲストとして招待された。

2013年4月24日、アルバム「We Love Harmony!」発売。同年5月29日、アルバム「THE REBORN SONGS~80'sハーモニー~」発売。

プロフィール[編集]

  • 1977年 - シングル『月夜の晩には』で仮デビュー。この時のメンバーは、すが健、茂村泰彦、叶正子、卯月節子。男性メンバー2人は親族ではない。1978年、バンド活動を志向していた男性2名がメジャーデビュー直前に脱退。急きょ叶正子の弟の高(たかし)と央介(おうすけ)を加え再結成。
  • 1978年 - シングル『Mr.サマータイム』(ミシェル・フュガンのカヴァー曲) で本格的にデビュー。それまでになかった男女2人ずつ、しかも三人姉弟と従姉というユニークな編成のヴォーカルグループとして誕生した。但し、レコーディングされた際にボーカルを担当した男性メンバー2人は別人である。
  • 1984年 - 卯月節子は結婚、叶央介はソロ活動のため二人はグループから離れ、原順子と嶋田徹の二人が新メンバーとして加入。
  • 1988年 - 嶋田徹がグループを離れ、叶央介が復帰。
  • 1991年 - 叶央介と原順子が結婚し、メンバー4人が「親族」となる。
  • 2013年 - 叶央介と原順子が2人のライブユニット"J&O"の活動に専念するためグループを離れ、叶ありさと吉村勇一が新メンバーとして加入。
  • 2013年 - 4月24日、メンバーチェンジ後初めてとなるアルバム「We Love Harmony!」を発表。
  • 2013年 - 5月29日、アルバム「THE REBORN SONGS~80'sハーモニー~」を発表。

メンバー[編集]

叶姉弟の父は毎日新聞記者で日本各地を転々、姉弟もこれに伴い育つ。一番長く住んだのは北海道札幌市であるが、出生地を出身地としている[2]

叶 正子 (かのう まさこ、長女、1952年6月23日 - )
AB型で熊本県出身。ビートルズが好きでファンクラブに入っていた。サーカスとして活動する前は、弟・高の誘いで、72年ヤマハのオーディションに合格し、ヤマハの研修生となった。明治学院大学仏文科に在学しながら渋谷のヤマハエピキュラススタジオでヴォーカルレッスンを受ける。研修生時代、他の女性研修生2名と「ピーマン」というユニットを組みレコードデビューしたこともあり、この中の一曲「部屋を出て下さい」は、正子と同じくヤマハの研修生だったこともある根本美鶴代(現:未唯mie)と増田啓子(現:恵子)、後のピンク・レディーオーディション番組『スター誕生!』(NTV系)のテレビ予選と決戦大会で歌唱している。
ステージでのトークは緊張しすぎで、見ている者をハラハラさせる。コンバースの靴が好きで全色集めている。ケーキを食べながら日本酒を飲むらしい。以前、お誕生日のケーキを食べている写真にワンカップが写ってしまったことがある。2004年にあらためて新人としてソロデビューし、サーカスがオフの期間にはソロシンガーMASAKO(from サーカス)として活動を続けている。
叶 高 (かのう たかし、長男、1954年7月26日 - )
AB型で福岡県出身。サーカスのリーダー。サーカスとして活動する前は、俳優を目指しており、日大芸術学部演劇学科で芝居の道に入り新劇、喜劇、ミュージカルなどを経験。 文部省から後援を得て山間部の学校で劇をしたり、遊園地でちびっ子ショーをしていた。カーペンターズには涙なしには語ることができない思い出がある。その理由はコンサートでときどき話している。ステージではファンサービスのために、わざわざイマイチなギャグを言ったり、姉の年齢をギャグのネタにしたりする。自らがオカマに扮する「ラブソングはひげそり後に」では俳優志望だった頃の経験が物言い、ファンを独自の世界に引き込んでいる。神奈川県平塚市代官町のロブスター料理の老舗店「メインロブスター」を引き継ぎ、Music&Cafeの店、平塚LiveHouse「KANAFU~叶風~カナフ」としてリニューアルオープン。同店で週末に行われるライブにはソロやサーカスとしてしばしば出演するほか、同店でのボーカルレッスンの教室も主催している。
叶 ありさ (かのう ありさ、叶 高長女 )
2013年3月25日より新メンバーとして活動開始。
吉村勇一 (よしむら ゆういち、1985年6月22日 - )
歌手・ギタリスト。2010年9月から「マンハッタンスリム」の名義でソロ活動開始。東京・神奈川のライブハウスでライブ活動を行う。2012年3月に「サーカス」の新メンバー募集オーディションに合格し、叶正子、叶高のライブにゲスト出演を経て2013年3月25日より本名の吉村勇一の名前で、新メンバーとして活動開始。ソロ活動はこれまで通り「マンハッタンスリム」名義で行うとしている。

旧メンバー[編集]

原 順子 (はら じゅんこ、次男の妻、1956年3月2日 - )
A型で東京都出身。サーカスに加入する前は、アマチュアでバンド活動をしていた。ポプコンに出場した経験もある。オーディションで選ばれてサーカスに加入することが決まった時、ゾウやライオンが出てくるサーカスと間違えられて母に泣かれてしまった。ハワイアンに造詣が深く、専門誌の「月刊ハワイアンウェーブ」に連載を持っていた。メンバーの男性陣に対して「おなかが出てはいけない」というのが口癖だが、料理を大皿で作ったり、おいしい物を食べに行ったりするなど行動が矛盾している。姉さん女房。2003年から夫の叶 央介とライブユニット"J&O"を組んで活動中。
叶 央介 (かのう おうすけ、次男、1956年9月27日 - )
AB型で福岡県出身。中学時代に吉田拓郎に出会い音楽に目覚めギターを始める[3]。その後「サイモン&ガーファンクル」「タイガース」など洋楽・邦楽を問わずコピーを続け、サーカス加入前は、フォーク歌手を目指していた。
1984年-1988年は、一時的にソロ活動をしていた。
ONE VOICE(サイモン&ガーファンクルの作品)の日本語訳をするなど、サーカスの作品の作詞を多く手掛け、1986年にソロアルバム「OCEAN」発表。2005年には原順子とのライブユニットJ&O名義のファーストシングル「Longing for~」を発表。その後もオリジナルソングを作り続けている。時折ギターも演奏し、繊細な音色を奏でる。
卯月節子 (うづき せつこ、従姉)
現在はソロ活動。
嶋田徹 (しまだ とおる、血縁関係はない)
現在はソロ活動。

ディスコグラフィー[編集]

シングル(レコード及び CD)[編集]

  1. 月夜の晩には (1977.03)
    c/w 二人の帰り道
  2. Mr.サマータイム (1978.03.25) - カネボウ'78夏キャンペーンソング, オリコン1位
    c/w デイ・ドリーミング
  3. 愛で殺したい (1978.07.25、ミシェル・フュガンのカヴァー)- オリコン28位
    c/w 恋はマジックバリー・マニロウのカヴァー)
  4. アムール (1978.11.25)- オリコン60位
    c/w 愛はイエスタデイ
  5. アメリカン・フィーリング (1979.05.25) - JAL"COME TO AMERICA'79"キャンペーンソング, オリコン5位
    c/w ホームタウン急行 - テレビ朝日系ドラマ「鉄道公安官」エンディング主題歌
  6. 二人の旅立ち (1979.10.09)- オリコン49位
    c/w シャイン・サイレントリー
  7. ビューティフルシーズン (1980.02.21) - 日本電装カーエアコンCMソング, オリコン33位
    c/w フライング・トゥー・ユア・ハート
  8. 去りゆく夏 (1980.06.21)- オリコン95位
    c/w ワンダフル・ミュージック
  9. 時よゆるやかに (1981.02.25) - サンリオ製作劇場アニメ「シリウスの伝説」主題歌
  10. 想い出は嘘つき (1981.06.21)
  11. さらば愛の季節 (1981.10.25)
  12. ガラスの夏 (1982.06.25)
  13. マーマレイド・サンセット (1982.11.28)
  14. 風のメルヘン (1983.04.21) - NTV系アニメ「まんが日本史」エンディング主題歌
  15. 青い恋人たち (1983.06.21)
  16. Tendernessを抱きしめて (1984.01.21) - NTV系ドラマ「パパになりたかった犬」オープニング主題歌, オリコン56位
  17. スターダストの海 (1984.05.21) - NTV系クイズバラエティー「SHARPワールドクイズ・カンカンガク学」テーマソング
  18. “メネフネ”ラブソング (1985.02.01)
  19. 太陽がいっぱい (1985.07.21)
  20. Mr.メモリー (1985.10.21)
  21. 優しい嘘 (1987.10.26)
  22. いちばん素敵なクリスマス (1987.12.05)
  23. WOMAN IN LOVE (1988.04.01)- 銀座ジュエリーマキCM曲, オリコン94位
  24. デジャビュ (1988.11.01)
  25. FASCINATION (1989.03.25)- 銀座ジュエリーマキCM曲
  26. CALENDAR GIRL (1991.07.25) - TBS系報道・情報番組「情熱ワイド!ブロードキャスター」オープニング主題歌
  27. Afet the rain (1994.12.19)
  28. しあわせな笑い方 (1995.04.26)
  29. 愛はきらめきの中に -HOW DEEP IS YOUR LOVE- (1996.03.05、ビー・ジーズのカヴァー)
  30. しなやかに歌って/ダンシング・シスター (2006.01.18、山口百恵及びノーランズのカヴァー)
  • その他、1978年に『薄化粧』(『Mr.サマータイム』に続くカネボウ'78秋キャンペーンソング)、1989年に『情熱よ!』(トヨタ・カリーナCMソング)を発表している(いずれもシングルカットはされていない)。

アルバム(レコード及び CD)[編集]

  • サーカス1(1978/07/05)
  • ニューホライズン(1979/05/25)
  • サーカスブティック(1979/10/05)
  • WONDERFUL MUSIC (1980/04/21)
  • FOUR SEASONS TO LOVE(1981/04/25)
  • シリウスの伝説(1981/07/xx)
  • MARMALADE SUNSET(1982/08/14)
  • クールラブ(1983/12/10)
  • CIRCUS STRUTTIN'(1984/03/21)
  • ピクチャー(1985/11/21)
  • A LITTLE LIE(1987/12/05)
  • WOMAN IN LOVE(1988/06/01)
  • ウインターアルバム(1988/11/25)
  • FASCINATION(1989/05/01)
  • たったひとつの言葉(1991/09/25)
  • リエゾン(1994/11/26)
  • ストラッティン(1995/06/01)
  • パリのランデブー(1995/09/25)
  • HEART(1997/10/30)
  • HEART 2(1998/10/14)
  • HEART 3(2000/10/07)
  • Nostalgia ~HEART4~(2002/09/22)
  • SOUND CIRCUS -HEART V-(2005/07/06)
  • 絆-KIZUNA-(2007/10/03)
  • We Love Harmony! (2013/04/24)
  • THE REBORN SONGS ~80'sハーモニー~(2013/05/29)


ファンハウス時代の全音源を収録したサーカス ファンハウス編をソニーミュージックのオーダーメイドファクトリーで予約を受け付け中。

ベスト・アルバム(レコード及び CD)[編集]

  • BEST HITS CIRCUS(1981/12/20 CD再発:1994/10/26)初期ベスト盤
  • GOLDEN☆BEST 歌の贈り物(2003/03/19)全レーベルを網羅して収録された最強のベスト盤
  • アルファミュージック編 1978~1980(2005/11/30)アルファ時代の全音源を収録
  • GIFT BOX(2006/11/10)「月夜の晩には」~「しなやかに歌って」まで全シングルA面曲を収録

個人名義のアルバム[編集]

Masako/叶 正子

主なテレビ出演[編集]

ほか多数

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 読売新聞社文化部『この歌この歌手―運命のドラマ120〈下〉』現代教養文庫、1997年、60頁。ISBN 4390116029
  2. ^ Masako(叶正子) プロフィール - Masako / Inside Journey現在の私 - 叶高
  3. ^ オフィシャルWEBサイト

外部リンク[編集]