サーエゲ (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サーエゲ
صاعقه

A HESA Saeqeh of IRIAF.jpg

サーエゲペルシア語: صاعقه‎; Ṣā‘eqeh)とはイラン・イスラム共和国が国産開発した戦闘機である。日本語では「サエゲ」や「サエケフ」とも呼ばれる。

概要[編集]

サーエゲの存在は、イラン・イスラム共和国2006年9月6日に公表した。イラン側の発表では「形はF/A-18に似ているが、性能はF/A-18を上回っている。」としている。これまでに、2006年に1機、2007年9月20日に2機の計3機のサーエゲが確認されている。塗装は、2006年の1機目は制空グレー一色、2007年からは全機ディープブルーと黄色いライン、ドロップタンクは通してガルグレーとなっている。なお、機体形状はまだ確定しておらず、3機の試作機はそれぞれ細部の形状に差異がある。

謎の機体[編集]

三面図

サーエゲは、詳しい発表がイラン側から一切ないため、その実態は謎に包まれている。そのため、性能は不明である。高い運動性と爆撃能力を保持するとイランは説明しているため、主に対地攻撃を担当すると見られている。

サーエゲはF-5Eをベースに外側に傾斜した2枚の垂直尾翼に変更したような機体形状をしており、国産開発ではあるが、F-5Eを参考にして開発されたという意見もある。一部の意見では「イランは航空機を開発できるだけの技術はない」としているが、イランはこれまでに国産練習機JT-2 タザルヴ、F-5Eを発展させたアーザラフシュ、計画が公表された次期主力戦闘機シャファグ英語版などを開発や、An-140のライセンス生産、またF-14AF-4F-5などの予備パーツが入手困難な機体のパーツの一部を国産化しており、開発技術が無いと言い切ることはできない。

脚注[編集]

  1. ^ Iran launches Saeqeh fighter-bomber squadron

参考文献[編集]

関連項目[編集]