サン=ポル=ド=レオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Saint-Pol-de-Léon
Blason (fr) Saint-Pol de Léon.svg
Saint-Pol-de-Léon, Brittany, France, on a winter's evening.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ブルターニュ地域圏Blason region fr Bretagne.svg
(département) フィニステール県
(arrondissement) モルレー郡
小郡 (canton) サン=ポル=ド=レオン小郡(小郡庁所在地)
INSEEコード 29259
郵便番号 29250
市長任期 Nicolas Floc'h
2014年-2020年)
自治体間連合 (fr) ペイ・レオナール(fr
人口動態
人口 6 711人
2012年
人口密度 292人/km²
住民の呼称 Saintpolitain,Saintpolitaine
地理
座標 北緯48度41分10秒 西経3度59分06秒 / 北緯48.6861度 西経3.985度 / 48.6861; -3.985座標: 北緯48度41分10秒 西経3度59分06秒 / 北緯48.6861度 西経3.985度 / 48.6861; -3.985
標高 平均:?m
最低:0m
最高:57 m
面積 23km²
Saint-Pol-de-Léonの位置(フランス内)
Saint-Pol-de-Léon
Saint-Pol-de-Léon
公式サイト http://www.saintpoldeleon.fr
テンプレートを表示

サン=ポル=ド=レオンフランス語:Saint-Pol-de-Léonブルトン語:Kastell Paol)は、フランスブルターニュ地域圏フィニステール県コミューン

地名の由来[編集]

コミューンの名は、ブルターニュを伝道した伝説的な聖人、ポル・オレリアン(ラテン語名:パウリヌス・アウレリアヌス)(fr)に由来する。聖ポル・オレリアンはバ島を恐ろしいドラゴンから解放したため、伯爵は島と本土の広大な土地を彼に与えた。その土地は、Castel-Paol と呼ばれる要塞(オッピドゥム)の周りにあった。6世紀、町はブルトン語の名 Kastell-Paol を有していた。10世紀の文書によると、町はオシスミイ(fr)の時代には Occismor を名乗り、古代ローマの支配時には Legio と称していた。legio はローマ軍団を意味し、当時の町には古代ローマの軍隊が駐屯していた。その後、町の名は何度か変化し、1296年に Saint Pal en Léon、1405年に Saint Poul en Leon、1451年に Saint Paoul de Léon の名が確認されている。

歴史[編集]

サン=ポル=ド=レオン 1873年

古文書によると、古代のこの場所は要塞で囲まれていた。城塞は、ケルト人の部族オシスミイ(fr)によって占領され、次に Legionenses により支配された。中世後期聖人伝によると、聖ポル・オレリアン(fr)がイギリスから渡来し、510年にウェサン島に上陸した。その後、サン=ポル=ド=レオンに来た彼は、周辺の地域で福音を説き、フランク人の王キルデベルト1世により、レオン司教区(fr)の最初の司教を命じられた。

司教座のある町の大聖堂のまわりには、Minihi-Paol と呼ばれる地域が生まれた。minihi(fr)は、ブルトン語で修道院領を意味する。Minihi-Paol はレオン司教区の一部をなし、その中心であった。修道院領内には7つの小教区があったが、1687年に司教区の決定により、ひとつにまとめられた。Minihy du Léon(fr)は、現在のサン=ポル=ド=レオン、ロスコフサンテックを管理していた。その後、ロスコフは1789年に、サンテックは1920年に独立した。

フランス革命時、レオン司教区の最後の司教となったジャン=フランソワ·ド·ラマルシェ(fr)は、議会により司教職を奪われ、ロンドンへの亡命を強いられた。レオン司教区は、カンペール・レオン司教区(fr)に合併された。1793年、農民らはフランス革命軍(fr)への徴兵(fr)に反対し、サン=ポル=ド=レオンの戦い(fr)と呼ばれる反乱を起こした。町は共和派の軍隊に鎮圧され、弾圧を受けた。

1883年に鉄道が開通し、野菜の集約栽培が大きく発展した。1890年、サン=ポル=ド=レオンはフランスで最も重要な野菜の輸出元になった[1]

聖ポル・オレリアン大聖堂は、トロ・ブレイスの巡礼地となっている。

2008年12月、サン=ポル=ド=レオンはYa d'ar brezhoneg(日常生活におけるブルトン語使用を奨励する憲章)を批准した。

人口統計[編集]

1793年 1800年 1851年 1901年 1954年 1962年 1968年 1975年
4,832 5,385 7,059 7,846 8,585 8,347 8,044 8,044
1982年 1990年 1999年 2006年 2010年 2012年
7,462 7,261 7,121 7,068 6,904 6,711

参照元:1999年までEHESS[2]、2000年以降INSEE[3][4]

文化遺産[編集]

聖ポル・オレリアン大聖堂(fr
最初の教会は9世紀にノルマン人により破壊され、現在の建物は12世紀から16世紀にかけて造られた。伝説の聖人ポル・オレリアン(fr)に捧げられたこの教会は、フランス革命までレオン司教区(fr)の司教座が置かれていた。
Kreisker 聖母礼拝堂(fr
設立は6世紀にさかのぼる。最初の礼拝堂は9世紀にノルマン人に破壊された。現在の建物は14世紀から15世紀にかけて建設された。78mの鐘楼はブルターニュで最も高い。
聖ジョセフ礼拝堂
1846年建設。司教区の聖職者の老人福祉施設に付属する礼拝堂である。鐘楼は、以前近くにあった聖ウルスラ会修道院のものが移設された[5]
聖ピエール教会(fr
14世紀から15世紀にかけて造られ、18世紀にファサードや鐘楼が再建され、19世紀に骨組みや屋根が修理された。教会に隣接する墓地を囲む壁には、16世紀と17世紀に作られた納骨堂が残る。
Boutouiller の巨石記念物
ケラングエの支石墓とも呼ばれる。サン=ポル=ド=レオンに残る最後の巨石記念物。
庁舎
1706年建設。1750年に西翼が増築された。フランス革命までは司教邸として使われていた。1830年に町が買い取り、役所として使用されている[6]
メゾン・プリボンデイル
プティ・クロワトル広場にあるこの建物は、1530年頃に司教座聖堂参事会員のリシャールによって建てられた。建物名は、彼の肩書きが prébendes(聖職禄)に結びつくことに由来する。ファサードには、レオンの旗章であるライオンと、聖ポル・オレリアンへの敬意を示すドラゴンの飾りが見られる。
Lenn Ar Gloar の泉
壁龕の中に16世紀の聖母マリア像が置かれている。聖ポル・オレリアンの来訪の際に祝福を与えられたとされ、奇跡の泉として長い間存在していた。泉は近くの共同洗濯場にも水を提供しており、家庭用の洗濯場になる前は、リンネルの糸の漂白や食肉の洗浄のために使用された[7]

姉妹都市[編集]

交通[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Pierre Guivarc'h et Philippe Abjean, St-Pol-de-Léon : Mémoire en Images, 1995, p. 46
  2. ^ http://cassini.ehess.fr/cassini/fr/html/fiche.php?select_resultat=34256
  3. ^ http://www.statistiques-locales.insee.fr
  4. ^ http://www.insee.fr
  5. ^ Chapelle Saint-Joseph Saint-Pol-de-Léon officiel
  6. ^ Hôtel de ville Saint-Pol-de-Léon officiel
  7. ^ Fontaine de Lenn ar Gloar Saint-Pol-de-Léon officiel
  8. ^ Jumelage avec Penarth. Dissolution du comitéLe Télégramme