サン=フィルベール=ド=グラン=リュー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Saint-Philbert-de-Grand-Lieu
Blason ville 44 Saint-Philbert-de-Grand-Lieu.svg

Abbatiale de Saint-Philbert-de-Grand-Lieu (prieuré).jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ペイ・ド・ラ・ロワール地域圏Blason région fr Pays-de-la-Loire.svg
(département) ロワール=アトランティック県Blason département fr Loire-Atlantique.svg
(arrondissement) ナント郡
小郡 (canton) 小郡庁所在地
INSEEコード 44188
郵便番号 44310
市長任期 モニーク・ラバン
2008年 - 2014年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes de Grand Lieu
人口動態
人口 8 061人
2010年
人口密度 137人/km²
住民の呼称 Philibertins
地理
座標 北緯47度02分09秒 西経1度38分19秒 / 北緯47.0358333333度 西経1.63861111111度 / 47.0358333333; -1.63861111111座標: 北緯47度02分09秒 西経1度38分19秒 / 北緯47.0358333333度 西経1.63861111111度 / 47.0358333333; -1.63861111111
標高 平均:m
最低:0m
最高:51 m
面積 58.81km² (5 881ha)
Saint-Philbert-de-Grand-Lieuの位置
Saint-Philbert-de-Grand-Lieu
公式サイト www.stphilbert.fr
テンプレートを表示

サン=フィルベール=ド=グラン=リューSaint-Philbert-de-Grand-Lieuブルトン語:Sant-Filberzh-Deaz)は、フランスペイ・ド・ラ・ロワール地域圏ロワール=アトランティック県コミューン

トゥルニュの聖フィリベール(fr:Saint Philibert de Tournus)の聖遺物の一部を祀る、カロリング朝期9世紀のサン・フィルベール・ド・グラン・リュー修道院(母修道院はノワールムーティエ修道院)があることで知られる。

地名としてはフィベール(Philbert)で、聖人の名はフィベール(Philibert)であることに注意が必要である。

地理[編集]

グラン・リュー湖

大西洋から約40km離れている。歴史的にはブルターニュに属し、伝統的な地方区分ではペイ・ド・レに、歴史的な地方区分ではペイ・ナンテに属する。

ロワール=アトランティック県の気候は温帯に属する海洋性気候である。大河ロワールの河口が近いことと、目立った地形上の起伏がないことに影響された気候である[1]。冬は穏やかで雨が多い(最高気温10℃、最低気温-5℃)。夏も比較的過ごしやすい(最高気温35℃、最低気温17℃)。降雨は希だが非常に集中して降る。年間平均降雨量は820mmであり、一年ごとにまるで前年からかけ離れることがある[2]。降雪は非常に珍しい。

面積62.92平方kmのグラン・リュー湖はほぼ全体がこのコミューンに属している。湖は勾配の少ない地形にあるため水深が浅く、表面は浮き草で覆われている。

由来[編集]

サン=フィルベール=ド=グラン=リューの名称は、トゥルニュの聖フィリベールに由来する。聖フィリベールはアキテーヌの貴族の出身で、ペイ・ド・レを伝道した人物である。彼はノワールムーティエ修道院の創設者である。町はかつてDéasの名で知られていた。おそらくこの名称はガロ=ローマ時代の名称である[3]。9世紀中にノワールムーティエ修道院の修道士たちがやってきてこの土地に定着する間に、この聖人の名がとられたのだろう。グラン=リューとは、町に近接するグラン・リュー湖よりとられている。

1258年にはSanctus Phelibertus de Grandi Lacu、1265年にはS. Ph. de Grandi Loco、1362年にはSeint Philiberd de Gran Leuとの名で記されている。

歴史[編集]

修道院外観

ガロ=ローマ時代に起源を持つこの町は、最初はDéasと呼ばれていた。町はマグノボドゥス(Magnobodus)からポワティエ司教アンソアルド(Ansoald)に与えられ、次はノワールムーティエ修道院を支援するトゥルニュの聖フィリベールへと与えられた。コミューンの名は事実上、675年にノワールムーティエ修道院を創設した聖フィリベールにちなんでいる。9世紀にはノワールムーティエ修道院の修道士たちがこの地に定住した。彼らはこの地に新たな修道院(現在のサン・フィルベール・ド・グラン・リュー修道院)をつくった。この修道院は国内でも古くからある修道院の1つで、836年には聖フィリベールの聖遺物も移された。

847年にノルマン人が襲来した際に修道院は略奪され、修道士たちが本堂を再建した。これが現在我々が目にしている建物である。858年に再びノルマン人が襲撃したが、この時には修道士たちは聖遺物を抱えて避難している。修道士たちは11世紀にDéasに戻ったが、ブルゴーニュに避難していた聖遺物の帰還は1937年まで待たねばならなかった。

聖フィリベールの聖遺物は常にトゥルニュにある。聖遺物の灰を含む小さな筒は、ヴァンデのボーヴォワール・シュル・メールに聖フィリベールの像に祝福しに行った修道士アンリによって、Déasの、今も残るサルコファガスにもたらされたものである。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2010年
3239 3341 3633 4255 5159 6251 7312 8061

参照元:1999年までEHESS[4]、2000年以降INSEE[5][6]

経済[編集]

サン=フィルベール=ド=グラン=リューはブドウ畑のある土地である。この土地でつくられるミュスカデはミュスカデ・コート・ド・グランリュー(Muscadet-côtes-de-grandlieu)の名で1994年よりAOC登録されている。そしてグロ・プラン・デュ・ペイ・ナンテ(Gros-plant-du-pays-nantais)は2011年までVDQSワインであった。

姉妹都市[編集]

脚注[編集]