サン=ジルダ=ド=リュイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Saint-Gildas-de-Rhuys
Blason ville fr Saint-Gildas-de-Rhuys (Morbihan).svg
St-Gildas eglise 0708.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ブルターニュ地域圏Blason region fr Bretagne.svg
(département) モルビアン県Blason département fr Morbihan.svg
(arrondissement) ヴァンヌ郡
小郡 (canton) サルゾー小郡
INSEEコード 56214
郵便番号 56730
市長任期 ドミニク・ヴァナール
2008年 - 2014年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes de la presqu'île de Rhuys
人口動態
人口 1649人
2008年
人口密度 169人/km²
住民の呼称 Gildasiens[1]
地理
座標 北緯47度30分03秒 西経2度50分12秒 / 北緯47.5008333333度 西経2.83666666667度 / 47.5008333333; -2.83666666667座標: 北緯47度30分03秒 西経2度50分12秒 / 北緯47.5008333333度 西経2.83666666667度 / 47.5008333333; -2.83666666667
標高 平均:m
最低:0m
最高:42 m
面積 15.28km²
Saint-Gildas-de-Rhuysの位置
Saint-Gildas-de-Rhuys
テンプレートを表示

サン=ジルダ=ド=リュイス (Saint-Gildas-de-Rhuys、ブルトン語:Lok-Weltaz/Sant-Weltaz)は、フランスブルターニュ地域圏モルビアン県コミューン

地理[編集]

リュイ半島に位置し、その海岸はモル・ブラス湾(fr)に向かって開いている。

歴史[編集]

ブリテン島からギルダス(フランス語名ではジルダ)という修道士が6世紀にこの地にやってきて、リュイス半島にケルト系キリスト教の修道院をたてた。全ての生活はこの時に始まる。未開の森が開発され、塩田で塩が作られ、最初の製粉所が収穫された穀物を挽くようになった。サルゾーやアルゾンといったまちはまだなかったが、リュイス半島にあるサン=ジルダ修道院の影響力は半島の境界を超えて伝わった[2]

フランス革命時代、まちは単にサン=ジルダと呼ばれたが、一般的にはアベラールと呼ばれていた[3]

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年
971 911 980 1035 1141 1436 1601

脚注[編集]

  1. ^ Nom des habitants des communes françaises: Saint-Gildas-de-Rhuys sur le site habitants.fr de la SARL Patagos.
  2. ^ [1]
  3. ^ [url= http://cassini.ehess.fr/cassini/fr/html/fiche.php?select_resultat=32165 |titre= Notice communale - Saint-Gildas-de-Rhuys |datecons= 8 août 2012]