サン=ミッシェル=ノートルダム駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サン=ミッシェル=ノートルダム駅
C線のホーム
C線のホーム
Saint-Michel - Notre-Dame
所在地 フランスの旗 パリ5区
管理者 フランス国鉄(SNCF)、パリ交通公団(RATP)
駅構造 地下駅
開業年月日 1900年5月28日
備考 旧称ポン・サン=ミッシェル駅

サン=ミッシェル=ノートルダム駅(Saint-Michel - Notre-Dame)はフランスパリ5区にあるRER B線とC線のである。一部の出口は4区シテ島内や6区にある。B線の駅はパリ交通公団(RATP)が、C線の駅はフランス国鉄(SNCF)が管理している。

駅名はサン=ミッシェル橋サン=ミッシェル広場ノートルダム大聖堂に由来する。メトロ4号線サン=ミッシェル駅および10号線クリュニー=ラ・ソルボンヌ駅との乗換駅である。

駅構造[編集]

C線[編集]

C線の駅はサン=ミッシェル河岸(Quai Saint-Michel)の地下、セーヌ川と平行に東西方向に相対式ホーム2面2線がある。

改札口は駅の東端、中央西よりのホーム上(両方向とも)、西端の三ヶ所にあり、東の改札からはプティ・ポン広場、中央西よりの改札からはサン=ミッシェル広場周辺に、西端の改札からはサン=ミッシェル広場の西方に出ることができる。また中央西よりの改札からはメトロ4号線のサン=ミッシェル駅への連絡通路がある。

B線[編集]

B線ホーム

B線の駅はC線よりも下の層にあり、北半分はセーヌ川の分流とシテ島の地下にある。駅付近ではB線の北行、南行はそれぞれ単線トンネルになっており、ホームはそれぞれのトンネル内の単式ホームである。ただし両ホームはいくつかの連絡通路で結ばれており、階段もこの連絡通路部分に接続しているため、全体で一つの島式ホームとみなすこともできる。

ホーム中央付近の階段・エスカレーターはC線のホーム下の乗換用コンコースに接続しており、ここからC線のホームを経由して地上に出ることができる。またホームの北と南にもそれぞれ階段・エスカレーターがあり、北側からはシテ島のオテル・デュー・ド・パリ前に、南からは地下の連絡通路を経てメトロ10号線のクリュニー=ラ・ソルボンヌ駅に通じている。

歴史[編集]

現在のC線の駅は1900年万国博覧会に合わせ、パリ・オルレアン鉄道オステルリッツ駅からオルセー駅まで延伸されたときに開業した。開業時はポン・サン=ミッシェル(Pont Saint-Michelサン=ミッシェル橋)という駅名であった。1938年からはフランス国鉄の駅となり、1979年にはRERのC線の駅となった。RER化の際にホームの拡幅工事が行われている。

RER B線の当初の計画では、サン・ミッシェル広場とリュクサンブール駅の中間付近に新駅を作ることになっていた。1971年の計画変更でリュクサンブール駅を存続させるとともにサン・ミッシェルにC線との接続駅を作ることとされた。B線のリュクサンブール駅 - シャトレ=レ・アル駅間は1977年に開業したが、この時点ではサン=ミッシェルに駅はまだ設けられていなかった。B線サン=ミッシェル=ノートルダム駅の工事は1982年に始まり、1988年2月15日に開業した。これに合わせC線の駅もサン・ミッシェル=ノートルダム駅と改称された。また第二次世界大戦以来休止中だったメトロ10号線のクリュニー=ラ・ソルボンヌ駅が営業を再開し、B線との乗換駅となった。

1995年7月25日、B線ホームに停車中の列車内で、アルジェリアイスラム原理主義組織「武装イスラム集団」による爆弾テロが発生し、8人が死亡、117人が負傷した。

駅周辺[編集]

駅周辺のセーヌ川沿いは世界遺産パリのセーヌ河岸」に含まれる。

C線の出口のあるサン=ミッシェル広場はミカエル像のある噴水で知られる。広場の周辺は書店が多くあり、東側はレストラン街である。B線の南側の出口近くにはクリュニーの中世博物館がある。

シテ島のノートルダム大聖堂パリ警視庁サント=シャペルなども近い。

隣の駅[編集]

RER
B線
シャトレ=レ・アル駅(Châtelet - Les Halles) - サン=ミッシェル=ノートルダム駅 - リュクサンブール駅(Luxembourg)
C線
ミュゼ・ドルセー駅(Musée d'Orsay) - サン=ミッシェル=ノートルダム駅 - オステルリッツ駅(Gare d'Austerlitz)

参考文献[編集]

  • Tricore, Jean (2002). le RER, le réseau francillien. RATP.