サン・ニコラウ島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サン・ニコラウ島
Ilha de São Nicolau
Sao-nicolau.jpg
サン・ニコラウ島
面積 388 km²
最高標高 1340 m
所在海域 大西洋
所属国・地域 カーボベルデの旗 カーボベルデ
テンプレートを表示
位置

サン・ニコラウ島São Nicolau)は、カーボベルデバルラヴェント諸島の島。サンタ・ルシア島サル島の間にある。人口は12,864人。経済は農業・漁業・観光からなる。人口のほとんどが都市でなく田舎で暮らす。

地理[編集]

山がちな島で、大半が農業に従事しているが、干ばつに左右される。平野と丘陵が海岸部と内陸部分を占める。島の東部を半島が占める。最高地点は、ゴルド山の1312m。他に中央のビサウ山と東のアルベルト山がある。

歴史[編集]

16世紀に初めて定住が試みられた。中心の町リベイラ・ブラヴァは長くカーボベルデ司教座があったため知られている。港湾の町タラファル・デ・サン・ニコラウがある。1940年代に島全土を襲った飢饉のために、主としてサントーメ・プリンシペへの出移民が進んだ。

行政[編集]

サン・ニコラウは2つの基礎自治体に分けられる。リベイラ・ブラヴァとタラファル・デ・サン・ニコラウである。

教区[編集]

基礎自治体は正式にはサン・ジョアン・バプティスタ教区とサント・アンドレ教区が含まれている。今日行政が試行されているのは1つのみである。西部を占めるタラファル・デ・サン・ニコラウは、島の他地域が自前の基礎自治体をつくったことから分けられた。

自治体[編集]

外部リンク[編集]