サン・ジョゼフAOC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サン・ジョゼフ(Saint-Joseph)は、ローヌ=アルプ地域圏ロワール県からプロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏アルデシュ県にかけての、ローヌ川の右岸におよそ60kmに亙って伸びているロワールワインのサーチである。1956年に、AOCの指定を受けている。

ワイン[編集]

トゥルノン=シュル=ローヌの町を中心に、30のコミューンの1,000haあまりの畑でぶどうが作られている。

いわゆるローヌ北部の栽培地域のなかでは、対岸のクローズ=エルミタージュと並んで生産量が多い。わずかに白ワインも作られているが、ほとんどがシラー種を90%以上使った赤ワインで、チョコレートやヴァニラ、焦げた食物のような、甘く香ばしい香りと、力強い味わいを持っている。手ごろな価格で、ローヌ北部のワインを味わいたい人には、申し分のないワインである。

関連項目[編集]