サンハジャ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サンハジャ語
話される国 モロッコの旗 モロッコ
地域 リーフ地方
話者数 4万人(2011年)[1]
言語系統
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 sjs
消滅危険度評価
極めて深刻 (UNESCO)
Status-unesco-critically.svg
テンプレートを表示

サンハジャ語は、ベルベル語の一種で、北部ベルベル諸語に属す言語である。ゼナタ諸語に属する説とアトラス諸語に属する説がある[2]ゼナタ諸語に属する場合、さらにムザブ・ワルグラ諸語に属する説[3]リーフ諸語に属する説がある[4]モロッコリーフ地方南部で話されている。近隣のリーフ語に大きな影響を与えた。小サンハジャ(ケタマ)というサンハジャ語とリーフ語との違いが明瞭ではない地域がリーフ地方に小さいながら存在する。

参照[編集]

  1. ^ Senhaja at Ethnologue (17th ed., 2013)
  2. ^ Lameen Souag, 2004: "Senhaja de Srair is not Zenati, but rather Atlas, belonging (despite location) with Middle Atlas Tamazight."[1]
  3. ^ AA list, Blench & Dendo, ms, 2006
  4. ^ multitree Senhaja de Srair[2]

参考文献[編集]

  • Peter Behnstedt, "La frontera entre el bereber y el árabe en el Rif", Estudios de dialectología norteafricana y andalusí vol. 6, 2002.
  • Esteban Ibañez, Diccionario español-senhayi (dialecto beraber de Senhaya de Srair), 1959.
  • A. Renisio, Études sur les dialectes berbères des Beni Iznassen, du Rif et des Senhaja de Sraïr. Grammaire, textes et lexique. PIHEM, vol. 12. Paris 1932.