サント山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サント山
サント山
標高 2,706 m
所在地 フランスの旗 フランス
オート=コルス県
位置 北緯42度22分47秒
東経08度56分44秒
座標: 北緯42度22分47秒 東経08度56分44秒
山系 コルシカ山地
初登頂 1882年6月6日、エドゥアール・ロシャ
サント山の位置
サント山
サント山の位置(フランス
テンプレートを表示

サント山 (サントさん、フランス語: Monte Cintoコルシカ語: Monte Cintu チントゥ)は、、地中海フランスコルシカ島(コルス島)で最も標高が高い山である。コルス地方公共団体の下のオート=コルス県に所属する。サントという表記は大陸のフランス語での表記で、フランス以外の観光客・登山者からはイタリア語のチントあるいはモンテ・チント(monte cintoとは「周りを囲まれた山」の意味)、島内ではコルシカ語でのチントゥあるいはモンテ・ヂントゥと呼ばれることが多い。

初登頂は、南側から1882年6月6日に到達したエドゥアール・ロシャ隊である。1883年5月26日には、登山家タケットが、ガイドのデヴアッスと画家コンプトンを伴って登頂した。峠には現在タケットの名がつけられている。

サント山の麓には、ミュルヴェラ湖、サント湖といった数カ所の湖がある。


カルヴィ側から見たサント山