サントリーミュージアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg サントリーミュージアム[天保山]
SUNTORY MUSEUM
海側
施設情報
専門分野 近現代美術
管理運営 サントリー
開館 1994年11月3日
閉館 2010年12月26日
所在地 552-0022
大阪市港区海岸通1-5-10
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示
海の劇場、奥は海遊館
休憩所
6-9F内部

サントリーミュージアム[天保山](サントリーミュージアム[てんぽうざん])は、大阪市港区天保山ハーバービレッジにあった美術館

概要[編集]

1994年平成6年)11月3日サントリーの創業90周年事業によって開設された。東京のサントリー美術館が日本古来の美術・工芸品を収集しているのに対して、モネボナールロートレックミュシャカッサンドルホックニーの作品や世界各国の秀作ポスターなど、近現代美術の収集・展示を行っていた。

映像美術の展示施設として20×28mのIMAXスクリーンを擁する世界最大級の立体映像劇場「アイマックスシアター」があった。

2009年(平成21年)8月21日サントリーホールディングスは、入館者の伸び悩みなどを理由に、同ミュージアムを2010年(平成22年)12月26日に休館(事実上の閉館)することを決めた[1]。なお土地・建物や展示物などは大阪市に無償で寄贈された。

2012年3月17日から7月16日の期間、当施設(施設名称は「大阪天保山特設ギャラリー」)で「ツタンカーメン展」が、2012年11月24日から2013年2月17日には漫画『ONE PIECE』の展示会「尾田栄一郎監修 ONE PIECE展~原画×映像×体感のワンピース」が開催された。

2013年2月8日、施設の新名称は「大阪文化館・天保山」とすることが発表された[2]

施設[編集]

  • ギャラリー4F・5F
  • レクチャールーム
  • アイマックスシアター(446人収容)
  • ミュージアムショップ
  • カフェレストラン
  • ラウンジ
  • マーメイド広場(親水広場)

建築概要[編集]

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]