サンティ・サンタマリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サンティ・サンタマリア(Santi Santamaria、1957年7月26日 - 2011年2月16日)は、スペインカタルーニャ州サン・セローニ出身の料理人

人物[編集]

1981年に地元サン・セローニで開業したレストラン『カン・ファベス』は1994年ミシュランガイドで3つ星を獲得し、カタルーニャ人としては初の三ツ星料理人となった。

世界一のレストランとされるフェラン・アドリアの経営する『エル・ブジ』を批判したことでも知られ、彼によれば同レストランの料理は見た目を重視したあまりに、有害な添加物が多く含まれているとのことである[1]

2011年2月16日、シンガポールにあるリゾートホテルマリーナベイ・サンズにて53歳で亡くなった。同ホテルには彼の経営するレストランがオープンしていた[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]