サンティアゴ・デ・ロス・カバリェロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サンティアゴ・デ・ロス・カバリェロス
Santiago de los Treinta Caballeros
サンティアゴ・デ・ロス・カバリェロスの市章
市章
愛称 : La Ciudad Corazón
位置
ドミニカ共和国内のサンティアゴ州の位置の位置図
ドミニカ共和国内のサンティアゴ州の位置
ドミニカ共和国内のSantiagoの位置の位置図
ドミニカ共和国内のSantiagoの位置
座標 : 北緯19度27分 西経70度42分 / 北緯19.450度 西経70.700度 / 19.450; -70.700
歴史
建設 1495年
行政
ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
  サンティアゴ州
 基礎自治体 サンティアゴ・デ・ロス・カバリェロス
 市 サンティアゴ・デ・ロス・カバリェロス
市長 Gilberto Serulle
地理
面積  
  市域 75 km2
標高 178 m
人口
人口 (2008年現在)
  市域 993,629人
  都市圏 1,346,060人
その他
等時帯 UTC-4 (UTC-4)
夏時間 なし
公式ウェブサイト : http://www.santiago.gov.do/

サンティアゴ・デ・ロス・カバリェロス(Santiago de los Caballeros)は、ドミニカ共和国の都市である。サンティアゴ州の州都である。 都市圏人口はドミニカ共和国内でサントドミンゴ都市圏に次ぐ規模である。ドミニカ共和国の北中部、シバオ谷に位置する。

歴史[編集]

新世界でヨーロッパの植民が始まった1495年に建設された。最初の植民は、市内のジャカグア(Jacagua)で始まったが、地震により破壊され、1506年に現在の場所に移った。1562年にも再度地震の被害を受けて荒廃した。その後、この街は何度かドミニカの首都となった。1844年のドミニカ独立戦争時には、サンティアゴは戦略的に重要な街であった。

交通[編集]

姉妹都市[編集]

外部リンク[編集]