サンタンデール・セントラル・イスパノ銀行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サンタンデール・セントラル・イスパノ銀行本店

サンタンデール・セントラル・イスパノ銀行西: Banco Santander Central Hispano)は、スペイン最大の商業銀行グループである。母体行の一つで、本店所在地でもあるサンタンデールの名称で呼ばれることが多い。略称はBSCH

歴史[編集]

サンタンデール・セントラル・イスパノ銀行(略称BSCH)は、1991年にセントラル銀行(Banco Centralスペイン語版とスペインアメリカ銀行(Banco Hispanoamericano)の合併によって誕生したセントラル・イスパノ銀行(Banco Central Hispano、略称BCH)と、サンタンデール銀行(Banco Santander)が1999年に合併して誕生した。BSCHは、創業をサンタンデール銀行の設立年である1857年としている。

スペインの同業他社と同じように、スペイン語圏の中南米などへの展開を進める一方で、ヨーロッパやアメリカ、アジアへの進出にも積極的で2001年にはロイヤル・バンク・オブ・スコットランドの株式8%を取得している。2004年にはイギリス第6位の商業銀行グループである、アービー・ナショナル銀行を買収し、ヨーロッパ最大級の金融機関に成長した。

系列会社[編集]

日本には、駐在員事務所を置いているが、本格的な業務を行っていない。しかし、リップルウッド・ホールディングスを中心とする投資ファンド、ニューLTBCパートナーズに売却された新生銀行(旧日本長期信用銀行)の再建に参加し、現在も発行済普通株式総数の4.98%を保有する、第四位の株主である。

傘下銀行には、前述したアービー・ナショナル銀行のほかに、スペインのOpen Bank、2000年に買収したブラジルのサンパウロ州立銀行(Banespa)などがある。

スポンサー[編集]

出典[編集]

  1. ^ “サンタンデール、マクラーレンのスポンサーを継続”. F1 Gate.com. (2011年2月3日). http://f1-gate.com/mclaren/f1_10609.html 2011年2月3日閲覧。 

外部リンク[編集]