サンタナIII

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サンタナIII
サンタナスタジオ・アルバム
リリース 1971年9月
録音 1971年1月-7月 サンフランシスコ
ジャンル ラテン・ロック、サイケデリック・ロック
時間 41分26秒
56分40秒(1998年リマスター盤)
レーベル コロムビア・レコード
プロデュース サンタナ
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 1位(アメリカ)
  • 6位(イギリス)
サンタナ 年表
天の守護神
(1970年)
サンタナIII
(1971年)
キャラバンサライ
(1972年)
カルロス・サンタナ 年表
天の守護神
(1970年)
サンタナIII
(1971年)
カルロス・サンタナ&バディ・マイルス!ライヴ!(1972年)
テンプレートを表示

サンタナIII(原題: Santana[1])は、サンタナ1971年に発表したアルバム。

解説[編集]

当時まだ17歳だったニール・ショーンが加入し、バンドはツイン・リード・ギターの編成となる。また、ホセ・チェピート・アリアスの代役でサンタナのライヴに参加したことのあるパーカッション奏者、コーク・エスコヴェードが準メンバーとして全面参加し、レコーディング終了後のライヴにも参加。更に、スライ&ザ・ファミリー・ストーンのグレッグ・エリコ等、多彩なゲスト・プレイヤーを招き、厚みのあるバンド・サウンドを指向。

「バトゥーカ」は、グレッグ・ローリーによれば、レナード・バーンスタインの曲にインスパイアされて作られた曲[2]。「情熱のルンバ」は、前作収録の「僕のリズムを聞いとくれ」に続く、ティト・プエンテのカヴァー。

サンタナにとって2作目の全米1位獲得作品となり、第1弾シングル「新しい世界」は全米12位に達した。

収録曲[編集]

1. 7.はインストゥルメンタル

  1. バトゥーカ - "Batuka" (Jose Chepito Areas, David Brown, Michael Carabello, Greg Rolie, Michael Shrieve) - 3:34
  2. 孤独のリズム - "No One To Depend On" (Coke Escovedo, G. Rolie, M. Carabello) - 5:31
  3. タブー (禁断の恋) - "Taboo" (J. Areas, G. Rolie) - 5:34
  4. 祭典 - "Toussaint L'Overture" (J. Areas, D. Brown, M. Carabello, G. Rolie, Carlos Santana, M. Shrieve) - 5:56
  5. 新しい世界 - "Everybody's Everything" (D. Brown, T. Moss, C. Santana) - 3:31
  6. グアヒーラ - "Guajira" (J. Areas, D. Brown, Rico Reyes) - 5:44
  7. ジャングル・ストラット - "Jungle Strut" (G. Ammons) - 5:21
  8. 愛がすべてを - "Everything's Coming Our Way" (C. Santana) - 3:15
  9. 情熱のルンバ - "Para Los Rumberos" (Tito Puente) - 2:47

ボーナス・トラック[編集]

1971年7月4日、フィルモア・ウェストでのライヴ音源

  1. バトゥーカ - "Batuka" - 3:40
  2. ジャングル・ストラット - "Jungle Strut" - 5:58
  3. ガンボ - "Gumbo" (C. Santana, G. Rolie) - 5:27

参加ミュージシャン[編集]

ゲスト・ミュージシャン

  • コーク・エスコヴェード - パーカッション、バッキング・ボーカル
  • Rico Reyes - リード・ボーカル(on 6.)、バッキング・ボーカル
  • グレッグ・エリコ - タンブリン(on 2.)
  • タワー・オブ・パワー - ホーン・セクション(on 5.)
  • リンダ・ティレリー - バッキング・ボーカル(on 5. 8.)
  • マリオ・オチョア - ピアノ(on 6.)
  • ルイス・ガスカ - トランペット(on 9.)

脚注[編集]

  1. ^ 正式な原題がデビュー作『サンタナ』と同じなため、英語圏でもしばしばSantana IIIと呼ばれ、リマスターCDの盤面ではSantana(III)と表記されている
  2. ^ リマスターCD英文ライナーノーツ(Ben Fong-Torres、1998年)