サンジェルマン伯爵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サン・ジェルマン伯爵

サンジェルマン伯爵(サンジェルマンはくしゃく、Comte de Saint-Germain、1691年あるいは1707年? - 1784年2月27日)は、18世紀ヨーロッパに中心に活動したと伝えられる人物である。

生涯[編集]

出自[編集]

スペイン王妃マリー=アンヌ・ド・ヌブール (Marie-Anne de Neubourg) と貴族メルガル伯爵 (comte de Melgar) の私生児といわれている[1]。その人生を通じて享受していた経済的な安泰や高度の教育・教養はこの出自によるものが大きいと考えられる。教養についていえば、同時代人には、化学に限らず様々な分野の知識が豊富で、巧みな音楽家であり、優れた画才を示したことが評価されている。しかし彼の前半生は不明な点がきわめて多く、その正体が明確になるのはフランス社交界で活躍する1758年以降、彼が67歳になってからである。しかしこの年齢が正しいのかどうかも不明で、社交界で活躍していた時期の彼は40代以前にしか見えなかったという。

シャンボール城の化学実験室[編集]

サン・ジェルマンは1746年まで作曲家およびバイオリニストとしてロンドンで過ごした。1745年末に短期間に投獄されたので、ロンドンを去ったといわれる。[2]その後12年間については活動が確認されていないが、化学と錬金術の研究のためにドイツで隠棲していたとする説、およびインドチベットまでを含む旅行に出ていたとする説がある。後者の説についてはその旅を証拠づける史料は皆無だが、東洋世界について非常に博識であったことは事実である。

1758年の初めにパリに移り、王の営繕官 (directeur des Bâtiments du Roi) であったマリニー侯爵に対して、研究室および作業場のために王族所有の施設を使わせてくれるように要請する書状を出している。この中で、その交換条件としてルイ15世に「人類が知る中で最も豊かで希有な発見」をもたらすと約している。マリニーは無人となっていたシャンボール城をあてがい、サン・ジェルマンはこの城と付属施設に助手、使役人を住まわせ、研究室を整えた。

サン・ジェルマンはシャンボールよりはパリにいることの方が多かった。ポンパドゥール公爵夫人に面会し、夫人の紹介により王ルイ15世とも面識を得ている。王はただちにその聡明な人柄を評価し、親しい関係を結ぶこととなった。

ルイ15世の寵愛とショワズールの関係[編集]

サン・ジェルマンは王と親しい関係を結ぶが、ルイ15世の重臣ショワズール公爵 (duc de Choiseul) は彼を疎み、信頼を貶めるべく策を巡らせた。ショワズールはゴヴ (Gauve) という名の道化を雇い、サン・ジェルマンの振りをさせたという。ゴヴはサン・ジェルマンの風体でさまざまなサロンに姿を見せ、ありそうもないほら話を吹聴した。アレクサンダー大王と杯を交わしたであるとか、イエス・キリストに恐ろしい末期を予告された、などといった大言壮語である[3]

ゴヴの活動は直ちに暴露されその正体が明かされることとなったが、ショワズールの企みはサン・ジェルマンをペテン師に貶めることにはならず、むしろ逆に威光を増すことになり、ミステリアスなオーラを与えることになった。

ショワズールは1760年になってようやく、サン・ジェルマンをスパイ容疑で告発することによって厄介払いする。この結果サン・ジェルマンは名誉を損なわれてオランダへ逃れることとなった。これ以降、サン・ジェルマンの足跡はイギリスイタリアロシアザクセンおよびプロイセンで確認され、さまざまな地で顔料と色彩についての研究を披露しようと努めたことが分かっている。

その死[編集]

1766年、プロイセンの王フリードリヒ2世の庇護を受けるが、翌年にここを発ってバルト海に面したゴットルプに至り、ヘッセン (Hessen) の領主のもとに身を寄せた。1784年2月27日にこの地で亡くなったという。親しい関係を保っていたヘッセンの領主によれば、93歳であったと伝えられている。しかしこの死に関しては後述のように、さまざまな伝説がある。

伝説の数々・不死伝説[編集]

サン・ジェルマンにはさまざまな噂がつきまとったが、生前に敢えてそれを否定しなかった為もあり、稀に見る特異な人物として歴史に名を残すことになった。彼が人類普遍の夢である不死の象徴として語られることも、こうした伝説の流布を助長したと考えられる。以下はそうした伝承の代表的なものである。

彼は宝石を散りばめた衣装をまとい、丸薬とパンと麦しか口にせず、ギリシア語ラテン語サンスクリット語アラビア語中国語に加えて仏・独・英・伊・葡・西の各国語を話したといわれる。身なりに気を使い、クラヴサンヴァイオリンの名手であり、作曲もこなした。また化学と錬金術に精通しており、ついには不死を可能にする著作をものしたともいわれる。

また、カリオストロが所有していたとされる実在の18世紀の秘伝書『La Très Sante Trinosophie』の著者であるといわれるが、確たる証拠はなく、しばしば反論の対象となっている。また貴石・宝石の類いにも非常な関心を持って多くを所有していたといわれ、ダイヤモンドの傷を消す秘法を身につけていたとされる。

前世の記憶とそれに関連する知識がある、あるいは、常軌を逸した長寿をもたらす秘薬を持ち、その結果2000年とも4000年ともいう驚異的な記憶を有していたといわれる。カナの婚礼バビロンの宮廷を巡る陰謀などを語ることができた。哲学者ヴォルテール1760年4月15日のフリードリヒ2世に宛てた書簡で、サン・ジェルマンについて「決して死ぬことがなく、すべてを知っている人物」であると書き、フリードリヒ2世も彼を「死ぬことのできない人間」と記している。ニコラ・シャンフォール (Nicolas Chamfort) によれば、サン・ジェルマンの使用人に「あなたの主人は本当に2000歳なのですか」と問うたところ、彼は「それはお教えすることができません。わたしはたった300年しかお仕えしていないのですから」と答えたという。

ポルトガル系ユダヤ人とも、ルーマニアトランシルヴァニア地方にあるラーコーツィー王家の王位継承者王家に縁の人物(ただし、当時ルーマニアは国家としてはまだ存在していなかった)ともいわれ、自分の年齢を2000歳とも4000歳であるともし、ソロモン王シバの女王と面識があったとも語っていたとされる。十字軍では、パレスチナにおいて、イングランド王リチャード1世とも会話したともいう。また「自分は不老不死なので、霊薬を口にする他は食事は必要としない」と言って、実際に人前では全く食事をしなかったとされる。

作曲家のジャン=フィリップ・ラモーは「自分は人生で何度かサン・ジェルマンに会ったことがあるが、数十年たっても、どれも同じ年齢のサン・ジェルマンだった。彼の存在は神秘そのものだとしかいいようがない」と記している。またセルジ伯爵夫人 (comtesse de Cergy) は同年、大使夫人時代にヴェニスで彼に会ったが、約40年後に再び会った際に全く年を取ったように見えなかったという。こうした証言は非常に多い。サン・ジェルマンは自らの姿を眩ますことができ、また催眠術を身につけていたとされるが、これがこうしたさまざまな噂の発端となっている可能性もある(当時、催眠術は夢遊病や動物磁気による催眠現象に結びつけて考えられていた)。

1760年に謀略によってフランスを離れることを余儀なくされ、その後プロイセン、ロシア、イタリア、イギリス、オーストリアを点々とし、最終的に錬金術に関心を持っていたシュレースヴィヒ=ホルシュタインの領主のもとに辿り着くが、この直後に使用人の女2人の腕の中で亡くなり、大革命の最中の亡霊としてパリに現れたともいわれる。

スパイ容疑についてはさまざまな説があるが、事実があるとしてもその目的は謎である。三重スパイであったともされるが、絶対王政や、さらにはドイツ系の薔薇十字団によるヘゲモニーにも不満を持っていなかったとする証言も多い。

ジャコモ・カサノヴァはオランダのハーグでサン・ジェルマンに面会したという。そのときサン・ジェルマンはアルメニア風の装束に身を包んでいたという。これは17世紀に巷間から消えたいまひとつの長寿伝説、すなわちいわゆる「彷徨えるユダヤ人」について言われることと同じことである。カサノヴァはサン・ジェルマンの名声と欺瞞について疑いを抱いたとされる。また、ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテはサン・ジェルマンの弟子であるといわれる。

これらのことからサン・ジェルマンが「ヨーロッパ史上最大の謎の人物」とされることがある。

カルボナリ党に入党したナポレオン3世はサン・ジェルマンに関心を抱き、彼に関係する書類等をテュイルリー宮殿に集めるように警察に命じた。この時の資料は1871年に同宮殿を襲った火災によって消失し、サン・ジェルマンの足跡のほとんどがこの時に失われたといわれている。

神智学、ニューエイジ思想[編集]

神智学、またその影響を受けたニューエイジ思想では、秘教的、霊的な知識と力を持った大師(マハートマー、マスター)とみなされている。日本では、英語発音を元にした「セント・ジャーメイン」という表記も見られる。これらの思想で重要視されるSeven raysにおいては、「第七光線の大師」という位置を与えられている。

脚注[編集]

  1. ^ Grande énigme de l'humanité, édition Larousse, p75
  2. ^ 森[2014:28-29]
  3. ^ Le comte de Saint-germain : Mystère, ADCF, p45.

関連資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]