サンシチニンジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サンシチニンジン
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : バラ亜綱 Rosidae
: セリ目 Apiales
: ウコギ科 Araliaceae
: トチバニンジンPanax
: サンシチニンジン notoginseng
学名
Panax notoginseng Berk.
和名
サンシチニンジン

サンシチニンジン(三七人参、Pseudoginseng)はウコギ科の薬用植物。中国南部原産。植えてから収穫されるまでに3年~7年も掛かることから、この名が付けられた。雲南省広西チワン族自治区の、海抜1200m~1800mの地域で栽培される。紡錘状の根を薬用とする。

別名[編集]

田七人参(田七人参) 
広西省の田陽、田東で産することから、「田」の字が冠される。
金不換(きんふかん) 
金に替えられないほど価値が高いという意味。
山漆(さんしつ) 
強力な止血作用をの接着力にたとえたもの。

歴史[編集]

おそらく、原産地では古くからその薬効が知られていたものと思われるが、中国の医学に組み入れられた歴史は浅く、16世紀李時珍が著した薬学書「本草綱目」が初出。 別名「金不換」の通り、中国では長らく国外輸出が禁止されていたが、近年、日本をはじめ、世界各国に輸出されている。 ベトナム戦争時、現地人が使用していたのを見たアメリカ軍が、この薬草の知識を持ち帰った、という説もある。

有効成分[編集]

サポニン配糖体ジンセノサイド[1]

効能・効果[編集]

性溫,味甘微苦,入肝、胃、大腸經。田七の功用,原來可用「止血、散瘀、定痛」(中国版記載による) 止血作用と活血(血液循環の改善)作用という、一見相反する性質を併せ持つ。 また、抗ウイルス作用、抗コレステロール作用、抗腫瘍作用があるとされるため、虚血性心疾患肝炎の初期治療薬として有望視される。

関連処方[編集]

日本ではきわめて入手が難しかったため、日本漢方ではあまり知られていないが、中国や東南アジアには、安血飲、化血丹、七宝散など、三七人参を主薬にした処方が多数存在する。

脚注[編集]

  1. ^ 蒲原聖可『サプリメント事典』(平凡社、2004)p.286

外部リンク[編集]