サンギヘ諸島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サンギヘ諸島
地理
場所 インドネシア
主要な島 サンギル島シアウ島
最高標高 1,827 m (5,994 ft)
最高峰 カランゲタン山
北スラウェシ州

サンギヘ諸島インドネシア北東部の諸島セレベス海モルッカ海峡に挟まれた位置にあり、南北に連なっている。南にスラウェシ島、北東にタラウド諸島がある。主島は北部にあるサンギル島であり、南部にシアウタグランダンビアロなどがある。南部はシタロ諸島と呼ばれることがある。

サンギル島にはアウ火山英語版(1,320m)があり、2004年に噴火している。シアウ島にはカランゲタン火山(1,827m)があり、2011年や2013年にも噴火するなど活発に活動している。

行政面では北スラウェシ州に属しており、北部がサンギヘ諸島県、南部がシアウ・タグランダン・ビアロ県となっている。主な町はサンギヘ島のタフナインドネシア語版およびナハ空港がある。

関連項目[編集]

座標: 北緯3度00分 東経125度30分 / 北緯3.000度 東経125.500度 / 3.000; 125.500