サンアンドレス島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ESC large ISS006 ISS006-E-14568-NurSanAndres.jpg

サン・アンドレス島 (Isla de San Andrés) とはカリブ海にあるコロンビア領の

コロンビア本土から北西の方にあり、ニカラグアコーン諸島のすぐ近くにある。サン・アンドレス島からすぐ北にあるプロビデンシア島と共にコロンビアのサン・アンドレス・イ・プロビデンシア県を結成している。サン・アンドレス島から南方にクルタウン諸島アルバカーキ諸島がある

小さな山地があるが、島はほぼサンゴ礁の平地で、最高地点は約100m、面積は約26km²である。人口は約40,000人、島民は黒人が多く、英語スペイン語を話す。観光が盛んである。

1629年イギリス清教徒により発見され、17世紀後半にスペインにより占領された。200年間の間にイギリス、フランスオランダ、スペインによる島の領有権を巡って争っていた。同じ期間にイギリスの海賊ヘンリー・モーガンが島で隠れ基地として住んでいた。後に、イギリスの支配下にあったが、1793年にスペインとの条約により終わった。しかしイギリスとの貿易は続いた。1806年には黒人の奴隷が島に送られた。現在島の住民はその奴隷の子孫である。

ニカラグアがプロビデンシア島と共に島の統治権を主張していたが、1991年にコロンビアに統治権を認めた。国際司法裁判所 (ICJ) は2012年11月19日、サン・アンドレス島を含む7つの島がコロンビア領であることを確認したうえで、周辺海域の管轄についてはニカラグアの主張を認める判決を出した。コロンビアのサントス大統領はこの判決を不服として、ICJの管轄権受け入れを義務付けたボゴタ条約から脱退する意向を示した(「日本経済新聞」2012年12月1日)。

外部リンク[編集]