サレール (チーズ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サレール Salers
Tradition-Salers.jpg
基本情報
分類 セミハード[1]
原料 牛乳(全乳)[1]
原産国 フランス[1]
原産地 オーヴェルニュ地域圏カンタル県[1]など[2]
生産場所 サレール付近[2]
生産期間 5月1日 - 10月31日[1][3]
形状 円筒状[1]
大きさ φ38-48cm[1]
重量 3500-5000g[1]/3500-5500g[2]
乾燥成分 58%以上[1]
脂肪分 45%以上[1][2]
表皮 乾燥、赤いプレート
熟成 3ヶ月以上[3] - "Affinage minimum de 3 mois"
呼称統制 AOC "Salers"
1961年取得[3]
テンプレートを表示

サレールチーズ(フランス語: Salers)は、フランスオーヴェルニュ地方の、カンタル県全域の他、アヴェロン県ピュイ=ド=ドーム県など、主にサレールフランス語版付近で牛乳を原料として製造されるセミハードタイプのチーズ[2]。製法はカンタルチーズと「全く同じ[4]であるが、生産期間と生産者に差異がある。生産期間は毎年決まった期間内だけ(AOC:5月1日から10月31日[1]、AOP:4月15日から11月15日[5])でかつ、生産者も農家のみに限られ[1]、できあがった製品には農家と生産日を識別するためのアルミ製の赤いプレートが付けられる[3]。また、無殺菌乳のみを使用するのもサレールの特徴でカンタルとの違いである[6]。生産の過程でできるカードはその後トム・フレッシュと呼ばれる状態になる[1][6]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 本間るみ子; 増井和子; 山田友子、文藝春秋編、 『チーズ図鑑』182巻 (7版) 株式会社文藝春秋〈文春新書〉、2009年、40-43頁。ISBN 4-16-660182-2 
  2. ^ a b c d e 日仏料理協会編 『フランス 食の事典(普及版)』 株式会社白水社2007年、256頁。ISBN 978-4-560-09202-6 
  3. ^ a b c d Salers”. INAO(フランス語版). 2013年7月21日閲覧。
  4. ^ 本間るみ子、主婦の友社編、 『チーズの選び方 楽しみ方』 株式会社主婦の友社、2012年、102頁。ISBN 978-4-07-285215-6 
  5. ^ Salers (Fromage Salers AOP)”. Association Fromages d'Auvergne. 2013年7月21日閲覧。
  6. ^ a b 平田昌弘; 清田麻衣 「フランス国中南部丘陵地帯の乳加工体系--オーヴェルニュ地域圏の酪農家の事例から」、『ミルクサイエンス』 (日本酪農科学会)103-114頁、2010年ISSN 13430289http://ci.nii.ac.jp/naid/40017261517/ 

関連項目[編集]

関連文献[編集]

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、サレール (チーズ)に関するカテゴリがあります。