サレハルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サレハルド
Салехард
Salehard15.jpg
サレハルドの市旗 サレハルドの市章
市旗 市章
位置
ロシア内のヤマロ・ネネツ自治管区の位置の位置図
ロシア内のヤマロ・ネネツ自治管区の位置
座標 : 北緯66度32分 東経66度36分 / 北緯66.533度 東経66.600度 / 66.533; 66.600
歴史
建設 1595年
行政
ロシアの旗 ロシア
 連邦管区 ウラル連邦管区
 行政区画 ヤマロ・ネネツ自治管区の旗 ヤマロ・ネネツ自治管区
 市 サレハルド
地理
面積  
  市域 1,018 km2
標高 15 m
人口
人口 (2008年現在)
  市域 41,563人
その他
等時帯 エカテリンブルク時間 (UTC+6)
郵便番号 62900x
市外局番 +7 34922
ナンバープレート 89
公式ウェブサイト : http://www.salekhard.org/

サレハルドСалехард; Salekhard)はロシア連邦都市チュメニ州ヤマロ・ネネツ自治管区の行政の中心。オビ川の河口近くに位置する。世界で唯一の北極圏線上にある都市である。人口は約35,000人。

名称と歴史[編集]

サレハルドとはサリヤ・ハルドСаля-хард)、サモイェード語で「岬の集落」を意味する地名である。1595年に、ハンティ人の集落ポルノヴァト・ヴォジПолноват-вож)のあった場所に、ロシア人によって町が建設された。ちなみにポルノヴァト・ヴォジもまたハンティ語で「ポルイ岬の集落(Пулинг-авот-вош)」を意味し、いずれもオビ川にポルイ川が注ぎ込むところに位置するサレハルドの立地条件を端的に表現した地名になっている。

町は建設後、オブドルスクОбдорск)と呼ばれた。オブドルスクの名は、オビ川からとられたものと考えられる。一帯は、ロシア帝国時代はオブドルスキ県と呼ばれた。

1930年12月10日、新しく設置されたヤマル民族管区の行政の中心となり、1933年サレハルドと改称された。1938年に都市として登録された。

参考資料[編集]