サルベージ経路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サルベージ経路(サルベージけいろ、salvage pathway)は、ヌクレオチドプリンピリミジン)の分解経路の中間体から再びヌクレオチドを合成する経路である。

サルベージ経路はRNADNA生分解で生成した核酸塩基ヌクレオチドの再生で使われる。脳や赤血球などのいくつかの組織はヌクレオシドの de novo の生合成能が低い、または持たないため、これは重要な経路である。

基質[編集]

プリン[編集]

ヌクレオシド 酵素 ヌクレオチド
ヒポキサンチン ヒポキサンチン-グアニンホスホリボシルトランスフェラーゼ (HGPRT) IMP
グアニン ヒポキサンチン-グアニンホスホリボシルトランスフェラーゼ (HGPRT) GMP
アデニン アデニンホスホリボシルトランスフェラーゼ (APRT) AMP

ピリミジン[編集]

チミジンチミジンキナーゼによってチミジル酸(TMP)に再生される。

外部リンク[編集]