サルタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サルタ
Ciudad de Salta
アルゼンチンの旗
Salta Montage.jpg
サルタの風景
位置
サルタ州内のサルタの位置の位置図
サルタ州内のサルタの位置
座標 : 南緯24度47分 西経65度25分 / 南緯24.783度 西経65.417度 / -24.783; -65.417
行政
アルゼンチンの旗 アルゼンチン
  サルタ州の旗 サルタ州
 県 州都県
 市 サルタ
地理
面積  
  市域 60km2
標高 1,187m
人口
人口 (2001年現在)
  市域 462,051人
その他
等時帯 UTC-3 (UTC-3
夏時間 UTC-2 (UTC-2
郵便番号 A4400
市外局番 +54 387
公式ウェブサイト : http://www.municipalidad-salta.gov.ar/

サルタ(Salta)は、アルゼンチンサルタ州の都市である。サルタ州の州都である。アンデス山脈の麓、標高1,152mのレルマ谷に位置する。 気候は温暖で乾燥している。年間降水量は756mm、平均気温16.4℃(夏は20.4℃、冬は10.8℃)である。1月と2月が最も降水量が多い月である。

歴史[編集]

サルタは1582年4月16日にスペイン人コンキスタドールヘルナンド・デ・レルマによって設立された。ペルーリマブエノスアイレスの間の前哨地としてであった。 アルゼンチン独立戦争の間、町は商業上および軍事上の戦略拠点となった。

交通[編集]

空港

  • Martín Miguel de Güemes 国際空港

鉄道

  • チリ側からやってくる鉄路は、サルタが終着駅となっている。サルタ側からチリへ抜ける国際列車の設定はないが、国境手前の町、サン・アントニオ・デ・ロス・コブレスとの間を往復する列車は、雲の列車(Tren de las nubes)と呼ばれる高地の自然を眺望するための観光列車となっている。途中、標高は4,220mの地点を通過するため、高山病対策の酸素ボンベを配備するとともに看護師が同乗している[1]

出典[編集]

  1. ^ アルゼンチン情報・地方紹介在アルゼンチン日本国大使館ホームページ

外部リンク[編集]