サルコスクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サルコスクス
Sarcosuchus imperator skull.jpg
サルコスクス・インペラトルの頭骨化石
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: ワニ目 Crocodilia
亜目 : 中鰐亜目 Mesosuchia
: フォリドサウルス科
Pholidosauridae
: サルコスクス
Sarcosuchus
  • S. インペラトル (S. imperator)

サルコスクス白亜紀前期、アフリカに生息していた巨大なワニである。全長は11~12メートルと推定されている。デイノスクス(またはフォボスクス)と並び、現在知られている中では最大級のワニである。

最近まで知られていた化石サハラ砂漠で発見された2、3の歯と装甲板だけあった。しかし、1997年2000年に骨格のおよそ半分にあたる化石が発見された。

サルコスクスと他のワニ類及び人間との比較想像図 赤いシルエットがサルコスクス


関連項目[編集]