サリフ・ケイタ (ミュージシャン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サリフ・ケイタ (ミュージシャン)

サリフ・ケイタSalif Keïta1949年8月25日 - )は、マリ出身のシンガーソングライターアフリカの伝統音楽と現代的なサウンドを融合させた独自の音楽性は世界的に評価が高い。アルビノのミュージシャンとしても有名。

略歴[編集]

裕福な貴族の家に生まれ、古代マリ帝国王家の直系の子孫に当たる。しかしアルビノにより生まれ持った白い肌は、社会から迫害とも言える差別をもたらした。一族からも追放同然の差別を受け、若き日の生活は貧しかったという。

幼少期より音楽の才能を示し、1967年にミュージシャンを志して首都バマコに移り住んだ。いくつかのバンドに参加して音楽活動を続けると、次第に西アフリカ地域で人気を得るようになる。1984年にはフランスパリに拠点を移し、1987年にアルバム『ソロ』でソロデビュー。このアルバムによってアフリカ以外での人気を獲得し、ヨーロッパ・ツアーも実現した。

以降も精力的に音楽活動を続け、その強靭な歌声とミステリアスな外見によってカリスマ的な人気を得ている。またアルビノの人々の支援する活動も積極的に行っている。

音楽作品[編集]

  • 『ソロ』 - Soro(1987)
  • 『コヤン』 - Ko-Yan(1989)
  • 『アメン』 - Amen(1991)
  • 『フォロン』 - FolonKo-Yan(1995)
  • 『パパ』 - PaPa(1999)
  • 『ママ』 - MaMa(2000)
  • 『モフー』 - Moffou(2002)
  • 『ムベンバ』 - M'Bemba(2005)
  • 『ラ・ディフェロンス』 - La Différence(2009)
  • 『タレ』 - Talé(2012)

外部リンク[編集]