サラ・パクストン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サラ・パクストン
Sara Paxton
Sara Paxton
本名 Sara Paxton
生年月日 1988年4月25日(25歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルスウッドランドヒルズ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 女優
モデル
歌手
ジャンル テレビ映画
活動期間 1996 - 現在
公式サイト Sara Paxton twitter

サラ・パクストン英語: Sara Paxton, 1988年4月25日 - [1][2])は、アメリカ合衆国女優歌手

来歴[編集]

アメリカ合衆国の西海岸にあるカリフォルニア州ロサンゼルスウッドランドヒルズでメキシコ系ユダヤ人の母親とアイルランド系、スコットランド系およびイングランド系の改宗ユダヤ教徒である父親の間にて生まれた[3][4][5][6][7][8]。一人っ子である。歯科医の家[9]であり、俳優のビル・パクストンは、遠い親戚にあたる。ユダヤ教徒の家庭でもあり、パクストンもいくぶんユダヤ教の影響を受けている。幼少期より子役として映画、テレビなどで活躍した。2006年には、主に自宅学習という形で高校を卒業した[8]

2004年から2006年まで、NBCのテレビ・シリーズ『Darcy's Wild Life』でダルシー・フィールド役で出演、『Darcy's Wild Life』における一連の演技で、2006年度のデイタイム・エミー賞にノミネートされた。

2005年、『愛しのアクアマリン』ではアクアマリン役で主演した。

2005年、もともとシンガーも目指していた彼女はエピック・レコードと契約した[8]。幾つかのシングル曲やサウンドトラックに関わったが、ついに最後までデビューアルバムはリリースされることは無かった[10]

英語の他にスペイン語を話せる。菜食主義者である。

主な出演作品[編集]

サラ・パクストン(2007)

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1997 ライアー ライアー
Liar Liar
1998 ミュージック・フロム・アナザー・ルーム
Music from Another Room
 
ソルジャー
Soldier
アンジー
Tunnel Vision シャウナ
1999 Durango Kids ヒラリー
2000 Perfect Game シドニー
2001 The Ruby Princess Runs Away プリンセス・サブリナ
吠えるチビ犬ちゃん
Hounded
トレーシー・リッチバーグ
2004 Sleepover ステイシー・ブレイク メインキャスト
2006 愛しのアクアマリン
Aquamarine
アクアマリン メインキャスト
ハロウィーンタウン4 ウィッチ大学へようこそ
Return to Halloweentown
マーニー・パイパー メインキャスト
2007 シドニー・ホワイトと7人のオタク
Sydney White
レイチェル
The Party Never Stops: Diary of a Binge Drinker ジェシー・ブレンナー メインキャスト
2008 スーパーヒーロー ムービー!! -最'笑'超人列伝-
Superhero Movie
ジル・ジョンソン メインキャスト
2009 ラスト・ハウス・オン・ザ・レフト -鮮血の美学-
The Last House on the Left
マリ・コリングウッド メインキャスト
2011 シャーク・ナイト
Shark Night 3D
サラ メインキャスト
2011 インキーパーズ
The Innkeepers
クレア メインキャスト

テレビ[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1996 Small Talk 本人役
1997 NewsRadio サラ
1998 ふたりはふたご
Two of a Kind
1999-2004 スポンジ・ボブ
SpongeBob SquarePants
1999 Working アマンダ・ベインズ
Passions
Action ジョージア・ドラゴン
2001 リジー&Lizzie
Lizzie McGuire
ホリー
2002 CSI:科学捜査班
Law & Order: Criminal Intent
ジョディー・ブラッドリー ゲスト出演
Beyond Belief: Fact or Fiction
2002-2003 Greetings from Tucson サラ・トービン
2003 CSI:マイアミ
CSI: Miami
ラナ・ウォーカー ゲスト出演
2004 Summerland サラ・ボーデン
ふたりは友達? ウィル&グレイス
Will & Grace
メラニー
5つ子はティーンエイジャー
Quintuplets
チェルシー
マルコム in the Middle
Malcolm in the Middle
アンジェラ・ポーズファスキー
2004-2006 Darcy's Wild Life ダルシー・フィールド メインキャスト
2006 恋するアンカーウーマン
Pepper Dennis
エイプリル・メイ
Skater Boys カイラ・ゴードン ゲスト出演
2008 ウェイバリー通りのウィザードたち
Wizards of Waverly Place
ミリー
2009 The Beautiful Life: TBL レイナ メインキャスト
ジョナス
Jonas
フィオナ・スカイ
2011 ゴシップガール
Gossip Girl
アマンダ・ルッツ

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  • "Here We Go Again"(2005)
  • "Temporary"(2006)
  • "Kiss Me Like You Mean It"(2008)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Sara Paxton Biography”. tvguide.com. 2011年7月2日閲覧。
  2. ^ Sara Paxton Biography”. tribute.ca. 2011年7月2日閲覧。
  3. ^ “All is going swimmingly for Aquamarine star Paxton”. Kalamazoo Gazette. (2006年3月17日). http://www.mlive.com/entertainment/kzgazette/index.ssf?/base/features-2/1142616006132450.xml&coll=7&thispage=2 2007年1月12日閲覧。 
  4. ^ Break.com. “Sara Paxton from 'The Last House on the Left'”. Break Media. 2011年3月30日閲覧。
  5. ^ “Sara Paxton in 'The Last House on the Left'”. SITV. (2009年3月13日). http://www.sitv.com/sitv/blogs/sara-paxton-the-last-house-on-the-left 2009年3月15日閲覧。 
  6. ^ Sparktech Software LLC (2012年2月1日). “'The Innkeepers' Star Sara Paxton: I Would Love To Play Carrie — Inside Movies Since 1920”. Boxofficemagazine.com. 2012年5月30日閲覧。
  7. ^ Bloom, Nate (2007年4月5日). “Celebrity Jews”. The Jewish News Weekly of Northern California. http://www.jewishsf.com/content/2-0-/module/displaystory/story_id/32125/format/html/displaystory.html 2007年4月5日閲覧。 
  8. ^ a b c Jones, Jen (March/April, 2007). “Sara Paxton”. JVibe (Jewish Family & Life) 3 (2): 14–17. 
  9. ^ Wilson, Staci Layne (2009年3月6日). “Sara Paxton – Interview”. Horror.com. http://www.horror.com/php/article-2299-1.html 2009年3月15日閲覧。 
  10. ^ Steinberg, Lisa (2007年). “SARA PAXTON LIFE OF THE PARTY”. Starry Constellation Magazine. 2007年3月10日閲覧。

外部リンク[編集]