サラ・グルーエン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サラ・グルーエン
(Sara Gruen)
誕生 カナダの旗 ブリティッシュコロンビア州バンクーバー
職業 作家
言語 英語
国籍 カナダの旗 カナダ
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
活動期間 2004年 -
代表作 『サーカス象に水を』
処女作 『もう一度あの馬に乗って』
公式サイト http://www.saragruen.com/
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

サラ・グルーエンSara Gruen、生年不明)は、カナダの作家。アメリカ合衆国との二重国籍である。動物や野生生物を支援する慈善団体のサポーターをしており[1]、著作でも動物を多く登場させている。

経歴[編集]

ブリティッシュコロンビア州バンクーバーで生まれ、オンタリオ州ロンドンで育つ。オタワオタワ大学に進学し[1][2]、英文学の学位を取得した。卒業後も10年間オタワに住み続けた[1]

1999年テクニカル・ライターの職に就くためアメリカ合衆国へ引っ越す[3]。2年後に解雇されたのを機に小説を書く決心をした。

動物が大好きで、処女作『もう一度あの馬に乗って』(原題:"Riding Lessons" )と第2作"Flying Changes" ではを扱っている。1930年代の移動サーカスを題材にした第3作『サーカス象に水を』(原題:Water for Elephants )は、最初の出版社に断られ、別の出版社を探さざるをえなかった[4]が、同作は『ニューヨーク・タイムズ』でベストセラーとなり44か国語に翻訳され、2011年には『恋人たちのパレード』としてリース・ウィザースプーンクリストフ・ヴァルツロバート・パティンソン主演で映画化された[3]ボノボを主題とした第4作"Ape House"シュピーゲル&グラウ社によって買われた[4]

2007年〈ブック・センス〉アダルト・フィクション部門大賞、コスモポリタン読者賞、Bookbrowse Diamond Award for Most Popular Book、Friends of American Literature Adult Fiction Award、ALA/Alex Awardを受賞した[3]

現在は、夫と3人の息子と動物たち(犬2匹、猫4匹、馬2頭、山羊1匹[5])と共にノースカロライナ州で暮らしている[6]

出典[編集]

  1. ^ a b c Erin Collazo Miller (2006年7月28日). “Sara Gruen Interview”. About. 2011年4月2日閲覧。
  2. ^ Sara Gruen Author”. Harper Perennial. 2011年4月2日閲覧。
  3. ^ a b c Sara Gruen Biography”. 2011年4月2日閲覧。
  4. ^ a b Rich, Notoko (2007年7月11日). “Big Time for a Novel Set Under the Big Top”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2007/07/11/books/11elep.html?_r=1&8dpc&oref=slogin 2007年12月23日閲覧。 
  5. ^ Sara Gruen - from the author - amazon.com”. 2012年6月7日閲覧。
  6. ^ Rosenfeld, Jordan (2008年4月22日). “The WD Interview: Sara Gruen”. Writers Digest. http://www.writersdigest.com/article/sara-gruen/ 2011年4月2日閲覧。 

外部リンク[編集]