サラマンカ (マドリード)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
(4)サラマンカ
—  マドリードの行政区  —
Palacio de Amboage
スペインの旗 スペイン
自治州 Flag of the Community of Madrid.svg マドリード州
自治体 Escudo de Madrid.png マドリード
行政
 - 議会
面積
 - 計 5.38km2 (2.1mi2)
人口 147,707人
 - 人口密度 274人/km² (709.7人/mi²)
Madrid district number 4
Address of council

サラマンカEl distrito de Salamanca)は、スペインマドリードの行政区。

地理・統計[編集]

2008年の調査では、人口は147,707人である[1][2]

西はセントロ、北はチャマルティン、東はシウダー・リネアル、南はレティーロの各区と接している。

以下の6つの地区がある。

  • 41 - レコレートス
  • 42 - ゴヤ
  • 43 - フエンテ・デル・ベロ
  • 44 - ラ・ギンダレラ
  • 45 - リスタ
  • 46 - カステリャーナ

歴史[編集]

旧市街の北東部にあたるサラマンカの最古の部分は、1860年のマドリード拡張計画によってつくられた。サラマンカとは、都市計画を推進した政治家、サラマンカ侯爵ホセ・デ・サラマンカ・イ・マヨール(es)の名から名づけられた。1927年に都市化が完了した。ラ・ギンダレラとフエンテ・デル・ベロは、循環の外で発展した部分である。

ビリャヌエバ通りが枠となっている、クラウディオ・コエリョ通りとゴヤ通りは、大規模な馬車用玄関、中庭、3階から4階の間の建物の高さといった様相の邸宅を保存している。これらは拡大時期の建物で、20世紀初頭の建物は、ビリャヌエバ通りとラガスカ、ゴヤの間にあり、かつてはホテルだった頃の原型をとどめている。

レティーロと向かい合うインデペンデンシア広場は、1874年に新しい通りを建設するため廃止されるまで闘牛場だった。

サラマンカ区誕生以降、この区はマドリードのブルジョワ階級の代表的な住宅地となった。現在のサラマンカ区はマドリード有数の富裕層の暮らすエリアで、地価も高い。また、区内にはスイス大使館、アメリカ大使館、カナダ大使館など外国公館が多く設置されている。

ギャラリー[編集]


サラマンカ (El distrito de Salamanca)[編集]

脚注[編集]

  1. ^ notas y conceptos de información de los Distritos|fechaarchivo=2006-2009
  2. ^ de los Distritos|fechaarchivo=2006-2009